マラッカ

Malacca

 3.6/1人  |  人気指数 1,797

お気に入りに追加:0

異国情緒漂う世界遺産の街「マラッカ」

クアラルンプールからバスで2時間程のところに位置する世界遺産の街「マラッカ」。今日のマラッカの原型を作ったのは、イスラム教を導入し、スルタンが統治するかつての王国マラッカ朝だそう。「マラッカ」は季節風を利用した貿易で発展した都市です。しかし、また貿易で発展したが故に、ヨーロッパの各国から侵略を余儀なくされ、世界に翻弄させられた都市でもあります。それは16世紀初めのポルトガルに始まり、オランダ、イギリスと数世紀にわたって外国に支配されてきました。その史跡は、街の風景として今日に残っています。

2008年には、ペナン島ジョージタウンと共にユネスコ世界遺産に登録され、マレーシアの観光地としても人気の場所。各国の残した史跡を感じられる見どころ満載の街「マラッカ」。地元とヨーロッパとが融合した独特の雰囲気を、ぜひ訪れて、味わってみて。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(マラッカ・街・通り)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る