ドリアン

Durian

 4.2/3人  |  人気指数 1,887

お気に入りに追加:0
  • ドリアン住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ドリアン住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • ドリアン電話電話:  未入力
  • ドリアン営業時間営業時間: 

    店により異なる

  • ドリアン定休日定休日: 

    店により異なる

  • ドリアン日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ドリアンカードカード: 

  • ドリアンホームページホームページ:  未入力

フルーツの王様は屋台でも多く売られている

ドリアンクアラルンプールには、「ドリアン」屋台を多く見かける。フルーツの王様と言われるだけあり,一つが大きい。「ドリアン」の中身はクリーミーな果肉が詰まっていて,見た目にも美味しそうだが,問題は臭いだ。街歩きをしていると、どことなく臭ってくるあの匂いに閉口する人も少なくないだろう。慣れてしまえばそれほどひどい匂いだとは思わのだが,ダメな人はまったくダメなようである。それもあってか,屋内売りは少なく,青空屋台で売ることが多いのだろうか。屋台によっては、半分に割った状態の「ドリアン」を並べ、その場で味見ができるようになっている。

ちなみに「ドリアン」はアルコールとの相性がきわめて悪い。アルコール度数は関係ないので、ちょっとビールを飲んで「ドリアン」というわけにはいかない。胃の中で化学反応を起こし、最悪死ぬこともあるという。くれぐれも食べ合わせないように注意しよう。

フレッシュな「ドリアン」は臭いがきついが、チップスになったものは多少するものの,口の中に入れても独特の臭いはほとんど分からない程度だ。食感もすごく良いので、お土産にはお勧めの一品である。



人気メニュー食べ方


・日本よりかなり安価に買えますので、おすすめです。旅行者は自分でさばくことができませんので、購入時に切ってもらい、

 中身のみ持ち帰り、皮は捨ててもらうと良いです。



役立つ情報


・ホテルへの持ち込みは禁止されているところが多いです。

ドリアンのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(クアラルンプール・粉食・屋台)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る