滋味一方

One Restaurant

滋味一方

 0/0人  |  人気指数 1,321

お気に入りに追加:0

化学調味料を使用しない優しい味の料理が自慢

滋味一方

誰にも教えたくない、隠れた名店、広東家庭料理のお店「滋味一方」。

このお店のキャッチフレーズは、”屋企feel清淡少油,媽咪靚湯,絶無味精"薄味、油分少なめのおふくろの味。美味しいスープ、化学調味料一切使用していません。

目玉は、広東スープ。日替わりで2種類用意されていて、1人分ならスープ壷で、複数なら鍋で頼む。「豉汁帶子蒸豆腐」(蒸し豆腐の貝柱と豆豉醬のせ)は非常にあっさりしている。「珊瑚蚌芙蓉蟹」(珊瑚蚌は、珊瑚っぽい形の赤貝みたいな貝)卵白と蟹でふわふわに仕立ててある。

その他、いろいろ舌にも身体にも優しいおかずがたくさん。

ここでは香港のおふくろの味を楽しめることができるが、味だけでなく、お店の人も香港のお店にありがちな「急かし」「イラち」な感覚がない。店内の時間もなんだか妙にゆったりしているのだ。とはいえ、食べ物が出てくるのは結構速い。

そういう意味でも、「屋企Feel(家庭の感覚)」。スピード命のガチャガチャしたサービスではなく、そっとさりげなくお客さんを見守ってくれていて、おかずを出してくれたり静かにお皿を下げてくれたりする。そして、とても心地よいタイミングでこれまたそっと「頼んだものに肉類ないけど、大丈夫?お肉だったら鶏とかもあるよ」と薦めてくれたりする。押し付けがましくない。まさに、「舒服=心地よい」空間で、おうちご飯が楽しめる。

休日の夕方や平日の21:00くらいまでは混むが、HK$100以上は外賣(出前)可。電話でオーダー後取りに行く事も可能。

滋味一方のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(上環・西湾・広東料理)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る