カッセル

Kassel

 4.4/1人  |  人気指数 1,763

お気に入りに追加:1

グリム童話観光では外せない!メルヘン街道の首都「カッセル」

カッセルカッセル(Kassel)」は、ドイツ・ヘッセン州の都市。

カッセル」のヴァッサーシュピールが行われるハービヒツヴァルトのベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエや4、5年ごとに開催される芸術祭ドクメンタで世界中で知られています。

また、グリム兄弟が30年住んでいた街としても有名。彼らの童話集を編集した地であることから、メルヘン街道の首都と位置付けられています。グリム兄弟博物館は、2年以上にわたる改修工事を経て、ベルヴュー宮殿で再オープンし、ドイツ最大級のグリム兄弟関連コレクションの展示がされています。

また、ヴィルヘルムスヘーヘ城広場で行われる“水の芸術”やオランジェリー城、レーヴェンブルク城、フリデリチアヌム美術館など、グリム縁の観光だけでなく、遊べる公園や美術館も充実している街です。

 

 

役立つ情報

 

“ドロテア・フィーマン”の家

 

グリム童話を書いたのは、グリム兄弟。今までそれ以上も以下も考えたことなかったです。でも、メルヘン街道を旅することになって、ガイドブックやパンフを読んでみると、カッセル近郊の村の旅宿の娘で、”ドロテア・フィーマン”というおばさんが、自分が旅人から聞いて覚えている昔話をグリム兄弟におしえ、それがグリム童話になっている事を知りました。
ということで、ドロテアの住んでいた家を見に行くことに。
周りは近代的なお家がたくさんあり、普通の郊外の住宅地、という感じです。 観光地の雰囲気0です。”メルヘン通り”に面した壁にはドロテアの顔の像と名前のかかれたプレートが飾られているので、これに間違いないです。戸口はしっかり閉まり、入れる様子もなしやはり観光には力を入れていないのでしょうか。それでも、グリム童話制作の元になったおばあさんの家です。「メルヘン通り」という通り名もきっとドロテアにちなんでつけられたのでしょうね。これでグリム童話を巡る旅もちょっとディープになったはず。

 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ヘッセン州・街・通り)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.07.02 18:31
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る