蘇州は名庭園の宝庫

蘇州の名所

 

蘇州は上海から和諧号で30分ほどにて行ける観光地です。

ここの見所はなんといっても名庭園が多いことです。

世界遺産に登録されている蘇州四大庭園である「拙政園」、「留園」、

「獅子林」、「倉浪亭」が有名です。

その他にも、黄金の仏像がある寒山寺や呉の孫権縁の北寺塔(報恩寺の一部)中国のピサの斜塔とも言われる

虎丘などがあります。

買い物は「観前街」に行くと、無数の店があり、いろいろ買うことができます。

食事では、蘇州名物「松鼠桂魚」を「観前街」にある名店である「得月楼」、「松鶴楼」で食べられます。

 

街の中心はそれほど広くは無いので、レンタルサイクルで回れます。

四大庭園は「倉浪亭」のみ少し離れており、自転車では厳しいですが、

その他の「拙政園」、「留園」、「獅子林」と「観前街」は回ることができる範囲です。真夏や真冬などの厳しい条件以外では、この方法がコストと効率を両立した方法です。

とわいえ、タクシー料金も安いので、市内であれば、10~15元(日本円で120~200円程度)ぐらいで

何処でもいけます。



他情報


・タクシーは駅から10~15元で大抵の観光地へ行けます。ただ、あまり近い場所はタクシーを捕まえた進行方向と逆(一方通行)だと、拒否される場合があります。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中国・公園・広場・史跡・寺廟 )の記事に2名の編集者が参加しました!

蘇州の名所のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る