科学教育センター

Scientific Museum & Planetarium /National Science Center for Education

カガクハクブツカン&プラネタリウム/カガクキョウイクセンター

พิพิธภัณฑ์วิทยาศาสตร์ท้องฟ้าจำล / ศูนย์วิทยาศาสตร์เพื่อการศึกษา

 0/0人  |  人気指数 1,779

お気に入りに追加:0
  • 科学教育センター住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 科学教育センター住所(現地語)住所(現地語): 

    928 Sukhumvit Rd., Klong-toey, Bangkok 10110

  • 科学教育センター電話電話: 

    02 392 1773

  • 科学教育センター営業時間営業時間: 

    9:00-16:30

  • 科学教育センター定休日定休日: 

    月・祝

  • 科学教育センター日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 科学教育センターカードカード: 

  • 科学教育センターホームページホームページ:  www.sci-educ.nfe.go.th

B級スポット好きな方はぜひ☆

科学博物館

タイに来てからずっと行ってみたかったのが、エカマイの通称「科学博物館(旧称)」。現在の正式名称は「科学教育センター」です。

 チケットを買って、そのまま本館【建物2】へ。 しかし中は…ひどかった。 上野の国立科学博物館が大好きだった夫婦にはかなりショックな内容でした。 半分くらいの展示物が壊れてるか、撤去されて跡だけ残ってる状態。 日本の国立科学博物館をイメージしてきた私達が悪うございました。 なんていうか、展示そのものも全然科学的じゃないとうか。 スポンサーが付いてる展示だけ妙に凝っていたり(でも壊れてる)。全体的に自己満足な作り…なんだろう、この惨敗感…。おまけにエアコンはカビ臭くて、途中で咳が止まらなくなって 結局30分経たない間に出てきてしまいました。 

 本館を出て目に入ったのが、 外から見ただけでも、明らかにしょぼそうな小さい水族館【建物3】。 期待せずに入ってみる。 案の定というか、なんというか。内容については特に説明しません…。 中には記念写真スポットなのか?謎のマスコットだらけ。 1匹2匹じゃございません~ 本物の魚がいるのに?なぜマスコットを置く?? っていうかこれ、ディズニーに怒られないのか!?またしても残念な気持ちで出てくる。

 さらに園内をフラフラすると、BTS側の入り口とは別に出口らしきものが。 水族館のお隣の出口…奥の派手なバスは学校の遠足用 何だろうと、向こうを覗こうとすると、出口付近をウロウロしていた 警察官?軍隊?警備員?怖そうな制服のおじさんがこっちをじろっと見て 何か言いながらどんどん近付いてくる~!! タイではよく立ち入り禁止のとこに、外国人が知らずに入って、 突然怒鳴られたりするので、今回もヤバい!なんか怒られる!と 怖くなって逃げ帰ってしまいました。  

 って突っ込みどころ満載ですが、逆に マニアな人にはたまらないスポットだと思います。 そういう意味で、この博物館はいろんな人から賛否両論ですね~。 平日も休日も常に団体客(幼稚園・小学校・軍隊とか)が来てるるので タイ人には有名なスポットなんじゃないかなあ。 後日改めて行ってみると、 本館の3階には比較的新しい展示物があり(地球温暖化とかDNAとか)、 2階では3Dショー(?)とかもあるよう。 ただしエレベーターはありませんのでベビーカーで行くと大変です。 個人的には石油会社がスポンサーの石油関連の展示が面白かったなあ。 土日は1階でサイエンスショーなどもやっているみたいです。 年長さん以上なら1時間くらい楽しめるかな? 乗り物好きな子なら、屋外の本物のSLや飛行機の展示 (休館日も見られます)はツボかも。別料金で プラネタリウムも見られます。タイ語ですが(笑)。 火曜のみ、事前予約で団体さん向けに英語バージョンも。

 後日再び行ってウロウロしていると、またしてもあの怖そうな警備員 が! 怒られる~!と思ったら…??? ビシッと子どもを指差し"、さらに奥の建物を指して" 「6階だ!6階に行け!」 怒られるんじゃなくて、親切で助言してくれてたのでした…。 言われた通り、 門から一旦外に出て、 道路の反対側渡ってスクンビット通り方面に少し歩くと…別館【建物4】が。 知らなきゃただのビルだよお…。 ここ、各階ごとにテーマが決まっていて、恐竜、昆虫、図書館 などが入っています。幼稚園~小学生ぐらいは楽しめるかな? 1階には科学おもちゃのお店もありますよ☆

 そして警備員さんお勧めの6階はフロアが丸々小さい子向けの遊び場になってます♪、知育玩具の他に 滑り台・ジャングルジムなどの大型遊具に 大きな船~ お店ごっこできるセット、「坂」と「お家」も ただ床が石&清潔感はないので、あんよがしっかりできてから の方がいいと思います。 時々タイの幼稚園が遠足?で、大量にワ~ってやって来ますが、 大抵20分くらいで引き上げて行くのでご心配なく。 タイの遊び場によくある「靴下着用」の決まりはありませんが、 冷房がかなり効いてかなり寒いので、長袖&靴下持参で♪

 ちなみに正直、ファンアリウム とかプレイタイムみたいに何時間も遊んだり、 わざわざお友達と約束してまで行ったりするほどのとこじゃないです。 「今日なんだか寝坊しちゃって、今からどこ行こうかな~」 くらいの軽いノリで行ってみてください。たったの30Bだし。 でも小さいお子たちには、かなりツボみたいですよ。

科学教育センターの楽しみ方

編集履歴

 

別館【建物4】は各階ごとにテーマが決まっていて、恐竜、昆虫、図書館 などが入っています。幼稚園~小学生ぐらいは楽しめます。 1階には科学おもちゃのお店もありますよ☆

別館の6階はフロアが丸々小さい子向けの遊び場になってます♪、知育玩具の他に 滑り台・ジャングルジムなどの大型遊具に 大きな船~ お店ごっこできるセット、「坂」と「お家」も ただ床が石&清潔感はないので、あんよがしっかりできてから の方がいいと思います。 時々タイの幼稚園が遠足?で、大量にワ~ってやって来ますが、 大抵20分くらいで引き上げて行くのでご心配なく。 タイの遊び場によくある「靴下着用」の決まりはありませんが、 冷房がかなり効いてかなり寒いので、長袖&靴下持参で♪



コース紹介


入場料金:

1)プラネタリウム【建物1】   大人30B 子ども(3歳~14歳)20B

2)他施設  大人30B 子ども20B  (【建物2・3・4】の入場券がワンセットになってます)

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(バンコク・博物館・美術館)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る