ラク・ムアン

Lak Muang

 0/0人  |  人気指数 1,763

お気に入りに追加:0

バンコクの中心

ラク・ムアンワット・プラケオから徒歩3分ほどのところに位置する「ラク・ムアン(市の柱)」。タイでは昔から新しい町を造る時に、基準点となるべき柱を建てて、町の永遠の発展を祈る習慣があるそうで、それがここ「ラク・ムアン(市の柱)」なのだ。つまり「ラク・ムアン(市の柱)」がバンコクのヘソという訳だ。1782年4月21日午前6時45分にラーマ1世によって建てられた。建物の中に「ラク・ムアン」があり、内部は土足厳禁のため、靴を脱いで中に入る。「ラク・ムアン」は2本あり、。形は2本とも異なる。現存の柱はラーマ4世により作り直されたもので、タイの国花であるゴールデンシャワーの木が用いられている。これには「願い事を叶える不思議な力」があるとのことである。ちなみにこの場所にはこの「ラク・ムアン」以外にもいくつもの建物がある。敷地を入ってすぐ左には、伝統芸能やタイダンスのステージがあり、!このステージの真向かいには「曜日の神様等」が祀られている建物がある。「曜日の神様」ということなので、てっきり「7体」かと思っていたら、なんと「9体」。というのも日・月・火・水の午前・水の午後・木の午前・木の午後・金・土という具合に分かれているらしい。あとは、タイ各地にある有名な仏像のレプリカのようなものが祀られてる。

小さなお堂は「ラク・ムアン」の恩恵に授かろうとする参拝者でいっぱいの人気の場所である。

ラク・ムアンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(王宮・ドゥシット・名所)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る