コピ・ルアク

コピルアク

Kopi Luwak

 0/0人  |  人気指数 1,956

お気に入りに追加:0

ブドゥグル高原に行く手前に高級コーヒーを作っているところコピ・ルアク

コピ・ルアク

コーヒーの実を餌として食べ、種子にあたるコーヒー豆が未消化で排泄それを綺麗に洗浄し、加工した物を「コピ・ルアック」と呼ぶそう。因みに、コピ=珈琲(バリ語)だそう。これ、かなり偽者が出回っているそうなので要注意。そして、二番目に この豆で育てた苗から採取した豆が、バリ・ルアックと呼ぶそう。

その昔オランダがインドネシアを統治していた時代農民たちが作ったコーヒーはすべてオランダ人が取り上げてしまい、自分達はコーヒーを飲むことができなかった。そこで麝香猫(じゃこうねこ)の排泄物に混じっているパーチメントを拾い集めてきれいに洗い、乾かして脱穀して、生豆にしたものを焙煎して飲んだ。それを飲んでみたところ、普通のコーヒーとは違うすばらしい香りを持っていることに驚きこの希少なコーヒーを珍重するようになったそう。

麝香猫(じゃこうねこ)とは、ネコ目ジャコウネコ科に属する哺乳類の総称。種によって様々な形態を持つが、一般にネコに似た外見をしている。この麝香猫(じゃこうねこ)は、とってもグルメな動物で、熟したコーヒーの実の中でも完全に熟した特に美味しい実しか口にしないそう。また、ジャコウネコの腸内の消化酵素の働きや腸内での発酵によってコーヒーにその独特の香味が加わわる。つまり、「コピルアック」は最高の状態のコーヒーだけを使用した幻の一品と言える。ジャコウネコの分泌物から採れる香料は、麝香(じゃこう)から採れる香料に似ている。ちなみに麝香の香料はシャネルの香水にもブレンドされているそう。

こちらは一杯で30000Rp(約300円)もする。日本では、当たり前の金額だが、あちらでは1/10。やはり、高価な飲み物。味は、香りは確かに他の珈琲と違う。香水の様ではないけれど、ほのかにスパイシーな香りそして、キッチリした渋みがある。でも、これは焙煎の具合で、かなり変化すると感じる。落ちている排泄物は、昼間 現地の方が拾い集めるそう。

コピ・ルアクのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(バリ島・スイーツ・ドリンク)の記事に6名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る