国立海洋学博物館

コクリツカイヨウガクハクブツカン

Vien Hai Duong Hoc

 0/0人  |  人気指数 1,268

お気に入りに追加:0
  • 国立海洋学博物館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 国立海洋学博物館住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • 国立海洋学博物館電話電話: 

    058-3-590-05

  • 国立海洋学博物館営業時間営業時間: 

    6:00-18:00

  • 国立海洋学博物館定休日定休日: 

    無休

  • 国立海洋学博物館日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 国立海洋学博物館カードカード:  未入力
  • 国立海洋学博物館ホームページホームページ:  未入力

ニャチャンにある、有名な水族館

ニャチャンの人なら、誰でも1度は行ったコトがあるという・・・ベトナム国立の「海洋学博物館」という場所を、訪れてみました。

あたしがいつも通っている、大通りに面する立地なのに今まで気がつかなかったのは、その外観がとても地味だから。友達が教えてくれなければ、足を踏み入れるコトはなかったと思います。堅苦しい名前がついていますが・・・要するに水族館。

大通りから見づらい位置にある、廃れた雰囲気の大看板。入場料は15,000VND(約60円)ですが、なかなか重厚な作りをされていて予想したよりもずっと、見ごたえのある施設でした(笑)

いろんな生き物に、出会ってきましたよぉ。

普通の水族館と違うといえば・・・こんな展示があるコトでしょうか。ここには、ホルマリン漬けにされた海水魚の標本がズラリ・・・

クジラの復元骨格。クジラのミイラは初めて見ました。

展示の表記は、ベトナム語と英語の種類ですが、どちらの専門用語も理解なんて不可能なのでそういう場所では、ディスプレイを楽しみます(笑)

国内ツアーの団体さんが何組か来ましたが、嵐のように通り過ぎていくし平日だからか、個人の来訪者はごくわずかとっても静かで、のんびりと館内を鑑賞するコトができました。

国立海洋学博物館のコース紹介や利用方法

ここのコース紹介や利用方法を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中部高原(ダイグエン)・テーマパーク)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る