台湾のマナー事情

  •  
  •  

■台湾での習慣マナー

台湾には日本とは違う習慣マナーが多々あるので、旅行前に是非チェックしておきたい。

 

*台湾での最低限マナー

注意点 詳細
ペーパーはゴミ箱へ トイレの便器の横には必ずゴミ箱が設置されているので、ペーパーはこのゴミ箱へ。台湾のトイレットペーパーは水に溶けにくいため、便器の中にペーパーを入れてしまうと詰まるので気をつけよう。
地下鉄は飲食禁止 台湾の地下鉄やバスの車内・構内のマナーは日本より厳しい。台北のMRT(地下鉄)での飲食は禁止されており、飲食をしたら罰金を課せられる。
喫煙エリア レストランやホテルなどの公共的な場所はほとんど禁煙。喫煙所以外は全て禁煙で、違反すると罰金を課せられる。
音を立てて麺を食べる 細かいマナーや他人の目は気にしない習慣だが、麺類を音をたてて食べることはマナー違反になる。
ビニール袋を持参する

環境保護のため、コンビニエンスストアやスーパーはレジ袋が有料となっている。袋は1~2元程度。

ビニール袋かエコバックみたいなものを持っていくと便利。

日本語 昔日本が台湾を占領していたため日本語が分かる人が多い。お年寄りに向かって、わざわざ「なぜ日本語がわかるか」を聞かないように。

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(台湾・マナー・年齢制限)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る