行天宮占い横丁

Fortune-telling side street

ジャングァヘンディン

 3/2人  |  人気指数 1,786

お気に入りに追加:0
  • 行天宮占い横丁住所(日本語)住所(日本語): 

    台北市恩主公地下道西1-62号

  • 行天宮占い横丁住所(現地語)住所(現地語): 

    臺北市恩主公地下道西1-62號

  • 行天宮占い横丁電話電話:  未入力
  • 行天宮占い横丁営業時間営業時間: 

    10:00頃-19:00頃

  • 行天宮占い横丁定休日定休日:  未入力
  • 行天宮占い横丁日本語/可・不可日本語: 

  • 行天宮占い横丁カードカード: 

  • 行天宮占い横丁ホームページホームページ:  未入力

四柱推命、米粒占いなどさまざまな占いが楽しめる!

占い横丁行天宮のすぐ目の前の地下にある行天宮占い横町。よくテレビでもここの占いは出ている。

行天宮を出てすぐの地下道に入ると占い館ばかりが並ぶ行天宮占い横丁はある。客が2人も座ればいっぱいになる小さな占いブースはなぜかタイル壁が多く、昔の風呂場を思い出す。”日本語OK”の文字があちこちに見てとれるので安心する。そんな中で、「日本語で大丈夫ですよ。」と優しく声を掛けて下さった先生に観て頂く事にした。四柱推命で1,000元(3,000円)、生年月日を伝えると早見表的なモノを一切見ずにさらさらと通変星を書きだし、流れるように占い結果を述べて下さった。しかも達筆、しっとりとした声で日本人よりも美しい発音。私の基本性質と先5年の運勢を占って下さったのだが、どれも云い当てられているような気がするし、未来に対する先生の言葉には随分と勇気を与えられた。ちなみに私の寿命は85歳だそうだ。

 

先生の占いにかなり満足していたのだけれど、日本では体験できない占いも味わってみたいと欲を出し、「米粒占い」の看板を掲げた別の占いブースにも飛び込んでみた。米粒占いとはお米の神様に直接問いかけて近い将来を占ってもらうのだそうだ。イスに座るなり米粒占いだけなら300元だけど米粒+手相+人相で500元(1.500円)で観てあげる、サービスだ。と値段の話をされてしまった。サービスと云われれば悪い気はせず、3種の占いをお願いした。まずは米粒占い、私の前に3つの小さなプラスティック製のお皿が置かれそれぞれの皿に米をつまんで置いてゆけと云われる。神妙な面持ちで米粒をつまんで落としてみたのだが一番左の皿には2粒しか米を置けなかった。それを見た占い結果は「2年後に金持ち」以上。「人相・・目、OK、口、OK、唇、いいね。耳、OK、一生幸福!鼻、普通。」以上だった。OK、普通とはどう解釈すれば良いのだろう。非常にシンプルで明快な言葉で表現された占いだったので短時間で済んだ。料金サービスしてくれただけあって、さっぱりした占いだったがそのさっぱりさも味として捉えれば面白い。ちなみに手相から観た寿命は93歳だそうだ。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(忠孝敦化・復興・占い)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る