梅花庁

Mei hua ting

メイファーティン

梅花廳

 0/0人  |  人気指数 1,690

お気に入りに追加:1

兄弟大飯店の2階にある何十年も前から飲茶で有名なレストラン

梅花庁

何十年も前から飲茶で有名なレストラン。兄弟大飯店の2階にある。昔は赤いチャイナドレスを着た、スタイル抜群のウエイトレスさんがワゴンを運んでいた。今でも料理はワゴンで運んでくる。実物を見ながらあれこれ選ぶのも楽しい。今ではワゴンがある飲茶も少なくなってきた。ワゴンの上に食べたいものがないときは、別に注文可能。点心の種類は豊富。写真入りのメニューもある。ピンクの紙は注文してから、暖めてくれる注文表。店員さんに直接尋ねてみてほしい。

烤乳豚、ぱりぱりの豚の皮が好きなのでいつも注文してしまう。ここのはテンメンジャンをつけながら食べるスタイル。もち米とそぼろ肉の揚げ物、揚げてから時間がだいぶ経っているのか、全体的にしぼんでしまっていたため、おいしさ半減していた。黒胡椒がきいている鳥の足の煮物味がしっかりしていた。鳥の足の形がなくなるまで煮こんでいるよう。蓮の葉で包んである蒸したもち米。特に具が入っていなかった。香港式大根もち、これはワゴンの中になかったため、別に注文。焼きたてのようで、熱々でとてもおいしかった。えび餃子、別に注文したので蒸かしたて。やっぱり熱々がおいしい。蝦のほかにほたても入っていた。緑が生えて、色彩が美しい。春巻き、烏酢がかかっていた。中の具はあまり自分の好みではなかった。ピータンと豚肉のお粥、米粒がとろとろになるまで煮込んだお粥。味が染み込んでいておいしかった。他のスイーツもいろいろ注文してみたかった。ここは少人数の予約を受け付けていないため、週末は混雑しやすい。お会計1089元(上記すべて)日本円3812円。

梅花庁のオススメメニュー

編集履歴

・烤乳豚

・もち米とそぼろ肉の揚げ物

・黒胡椒がき いている鳥の足の煮物

・蓮の葉で包んである蒸したもち米

・大根もち

・えび餃子

・春巻き

・ピー タンと豚肉のお粥

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京東路・松山区・小籠包・餃子・点心)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る