ケッペル島

Keppel Island

ケッペル アイランド

 0/0人  |  人気指数 1,960

お気に入りに追加:0

ステキなフォームのブリッジが架かったセントーサ島が間近に見えるケッペル島

ケッペル島

セントーサ島が間近に見える「ケッペル島(KeppelIsland)」は、船に乗ったりせずに歩い行ける島。セントーサ島と本土の間のベイエリアにあり、ビボ・シティ(Vivocity)から西に歩くこと10分くらいで、ケッペル・ベイドクター(KeppelBayDr)という道路があり、その道路に沿ってカリビアンというコンドミニアム、その道なりに進むとケッペル橋が見えてくる。ステキなフォームのブリッジで、そこかしこに歴史を物語る案内板がある。その昔13世紀にケッペルハーバーとして栄えた一帯だそう。橋の左手には海が広がり、セントーサへのモノレールやケーブルカーが見え、大型客船も停泊していたりする。反対の右手には、ヨットハーバーがあり、コンドミニアムの後方にはマウント・フェーバーが見えている。このケッペル橋を渡った先が、「ケッペル島」。 最近、人工的に造られたケッペル・ベイ・マリーナ(KeppelBayMarina)と呼ばれる一帯だが、緑の芝生の先に海が広がり、花壇や東屋があり、たえず行き来する船を眺めたり、くつろげる空間が日頃の疲れを癒してくれる。こんなに静寂で素晴らしいロケーションの場所なのに、日曜日でも誰も居ず、海も陸も美味しい空気も二人占めできる時もある。小さい島だが、プロムナードがあり1周できる。またPrive(プライヴ)というバー、ベーカリーが一体となったレストランがあり、ヨットハーバーを眺めながらのビールは最高の味。なぜかここだけは、欧米人はじめ、多くの人がくつろいでいる。きっと夕暮れ時はサンセットが見られたりして、もっとステキなことだろう。

ケッペル島の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(西部・ジュロン・街)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る