アトーチャ駅周辺観光スポット

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.7/2人   人気指数:2,105

ピカソの有名な「ゲルニカ」が見られる
20世紀の現代アートを所蔵する美術館「ソフィア王妃芸術センター」。空間を贅沢に使った館内には、ピカソやミロ、ダリ、タピエスなど現代美術の巨匠たちの作品が展示されている。2階4階が常設展示で、3階では企画展が行われる。 そして、ピカソの有名...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.2/1人   人気指数:1,940

世界四大美術館の1つ
スペインマドリッドにある「プラド美術館」は、世界四大美術館の1つと評されている。1819年に、15世紀以来の歴代スペイン王室のコレクションを展示する美術館として開館した。現在では3万点以上の作品が所蔵されている。エル・グレコ、ゴヤ、ベラスケ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3/1人   人気指数:1,091

広大な植物園
マドリードの中心部にありますが、とても広い植物園です。 プラド美術館の南側にあり、地下鉄アトーチャ駅とパンコ・デ・エスパーニャ駅からのアクセスが便利です。 非常に広いので、全部は回れませんでした。 古く、歴史のある植物園で、フェル...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.2/1人   人気指数:899

忠義という名の広場
プラド美術館に近いところにある広場です。 中央に戦没者の為の尖った少々、高い記念碑があります。 レアルタード (lealtad)とは、「忠誠」 という意味です。スペイン兵の忠義をたたえているのです。 場所は、地下鉄パンコデエスパーニャ駅から、南...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.4/1人   人気指数:1,274

由緒ある美しい教会
プラド美術館に行ったら、まだ開館前だったので、この教会に行きました。 ここの教会は、1500年代に建築された、歴史ある教会で、代々の国王の戴冠にも使われたようです。 ゴシック様式の壁がとても細かい彫刻でできており、素晴らしいです...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,799

様々なアクティビティーを提供する施設
「カイシャ・フォーラム」は、「LA CAIXA(ラ・カイシャ)」というカタルーニャ地方の銀行の施設で、様々なアクティビティーを提供している。マドリッドにも最近でき、まだ新しいし、古い工場をリフォームしてつくられたため建築的にも面白い、ということ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,916

プラド美術館に隣接する広大な敷地を持つ公園
プラド美術館に隣接する、広大な敷地を持つ「レティーロ公園」。フェリペ2世の時代(16世紀後半)から、すでにこの辺りはレティーロ、つまり「休憩、憩い」と宗教祈りの場になっており、公園の名前はそれに由来しているとのことだ。 独立広場側から...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,785

さまざまな装飾品のコレクションを見れる
1871年に造られた「工業博物館」が元で、1940年に「国立装飾美術館」となり、現在の場所である貴族の邸宅に移動したのは1934年のことだ。この改装された邸宅は19世紀後半のもので、エントランスホールを入ると吹き抜けの豪華でエレガントな空間が広がっ...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:1,712

広場の中央には噴水がある
マドリッドの中心にある「シベーレス広場」。ネオクラシック様式で、カルロス3世の命令のもと、1770年代頃に着工されたものらしい。広場中央には豊穣の女神であるシベーレスが、二頭立てのライオンが引いた戦車を駆っている噴水が建っている。また...

1~9件のトラベルノートを表示/全9件

最近見た記事
一覧見る