アトーチャ駅周辺旅行

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

人気指数:2,543

マドリッド南側のターミナル駅
マドリッドの南側に位置するターミナル駅「アトーチャ駅」。熱帯植物が植えられ、まるで植物園みたいな雰囲気である。「アトーチャ駅」は隣接するアトーチャ・セルカニアス駅とプエルタ・デ・アトーチャ駅からなっている。それぞれ切符売り場も改札も違...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,469

プラド美術館に隣接する広大な敷地を持つ公園
プラド美術館に隣接する、広大な敷地を持つ「レティーロ公園」。フェリペ2世の時代(16世紀後半)から、すでにこの辺りはレティーロ、つまり「休憩、憩い」と宗教祈りの場になっており、公園の名前はそれに由来しているとのことだ。 独立広場側から...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,304

様々なアクティビティーを提供する施設
「カイシャ・フォーラム」は、「LA CAIXA(ラ・カイシャ)」というカタルーニャ地方の銀行の施設で、様々なアクティビティーを提供している。マドリッドにも最近でき、まだ新しいし、古い工場をリフォームしてつくられたため建築的にも面白い、ということ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,243

さまざまな装飾品のコレクションを見れる
1871年に造られた「工業博物館」が元で、1940年に「国立装飾美術館」となり、現在の場所である貴族の邸宅に移動したのは1934年のことだ。この改装された邸宅は19世紀後半のもので、エントランスホールを入ると吹き抜けの豪華でエレガントな空間が広がっ...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:2,063

広場の中央には噴水がある
マドリッドの中心にある「シベーレス広場」。ネオクラシック様式で、カルロス3世の命令のもと、1770年代頃に着工されたものらしい。広場中央には豊穣の女神であるシベーレスが、二頭立てのライオンが引いた戦車を駆っている噴水が建っている。また...

1~5件のトラベルノートを表示/全26件

最近見た記事
一覧見る