ハロッズ

Harrods

Harrods

 3.9/2人  |  人気指数 1,977

お気に入りに追加:1
  • ハロッズ住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ハロッズ住所(現地語)住所(現地語): 

    87–135 Brompton Road, Knightsbridge, London SW1X 7XL

  • ハロッズ電話電話: 

    7730-1234

  • ハロッズ営業時間営業時間: 

    (月-土)10:00-22:00(日)11:30-18:00

  • ハロッズ定休日定休日: 

    12月25日-26日、イースターホリデー

  • ハロッズ日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • ハロッズカードカード: 

  • ハロッズホームページホームページ:  www.harrods.com (英語)

イギリスの象徴的存在!老舗デパート「ハロッズ」

知る人ぞ知るロンドン最大の高級デパート「Harrods(ハロッズ)」。

ロンドン中心部のナイツブリッジ地区ブロンプトン・ロードに位置し、世界中からたくさんの人で賑わう世界一有名なデパートといえるでしょう。

館内は、とにかく広く、90,000平方メートルの敷地内には約330もの専門店が出店しています。本気で迷子になるほどの広さで、店を出ようとしても出られないほどだそうですが、日本語案内デスクもあるのでご安心を。

 店内は、7フロア。お勧めは、今一番人気のブランドを揃えたメンズ・コンテンポラリーコレクション(地下1階)、世界中の高級食材が珍しいフードホール(グランドフロア)、ハロッズブランドの紅茶やお菓子、グッズをお土産に見つけられるハロッズアーケード(グランドフロア)、品数豊富なレディースシューズコレクション(1階)、伝統も斬新さも取り揃えたホームファッションとインテリア(2階・3階)など!ちなみに、ダメージデニムなどカジュアルすぎる服装では入店出来ないので要注意!リュックも手に持たなければ注意されるので予めご確認を。

 

**ハロッズと王室との関係**

1834年、小さな食料品店から始まった「ハロッズ」は、イギリスの歴史と共に進歩を遂げ、王室御用達の老舗デパートでしたが、ハロッズが買収され、その買収先の子息と故プリンセスダイアナの交通事故の一件で、王室とハロッズに亀裂が生じ、ロイヤル・ワラントは解消ました。現在は、ダイアナ妃とハロッズオーナーの子息ドディ・アルファイドの死を悼む碑があり、観光ポイントになっています。

シャンデリアや豪華な内装が美しいハロッズハロッズのオリジナルグッズはお土産におすすめ。

現在も馬車で商品を送っているそう。

故ダイアナ妃ゆかりの地としても有名。

 

 

役立つ情報

 

*ハロッズのショーウィンドウ

季節ごとに変わるショーウィンドウも見どころの一つです!

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

*ダイアナ妃のモニュメント

 

ハロッズの経営者はエジプト人のモハメド・アルファイド氏だった。

その子息の恋人、故ダイアナ妃にゆかりのデパートとしても有名だ。
デパート内に2人の遺影が祀られている。
現在は経営がカタール人の手に渡っている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

*ハロッズの馬車

 

 

ハロッズフォートナム&メイソンのような老舗のデパートでは
今もお店の近隣へのお届けものに、こういう馬車を使っているようです。
馬が歩く度に響く蹄鉄の音がとても気持ちよく耳に残りました!

 

 

ハロッズのオススメ商品

編集履歴

*ハロッズオリジナルグッズ

 

グランドフロアには、

ハロッズのオリジナルグッズが販売されています。

可愛いテディベアやバッグ、紅茶など

お土産にもおすすめな商品が勢ぞろいしています。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.06.25 09:48
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る