ワイキキ・ビーチ

WaikikiBeach

ワイキキビーチ

 4.4/1人  |  人気指数 1,686

お気に入りに追加:0

ワイキキのど真ん中!!一番人が多く訪れる都会ビーチ

ワイキキビーチ

アクアアイランドコロニー前のシーサイド・アベニュ(Sea Side Avenue)を真っ直ぐ歩いて、ロイヤルハワイアン・ショッピングセンターを抜け、その先のシェラトンワイキキの中を、通り抜けるとそこは、有名な「ワイキキ・ビーチ」。やっぱり、ハワイらしい景色と言えばここだ。ダイヤモンドヘッドをバックに、東西にのびる長いビーチ。クイズ番組の優勝景品でよく写る景色でもある。そもそも、ワイキキ(Waikiki)とは、ハワイ語で水があふれる場所と言う意味。ワイ(Wai)が水で、キキ(Kiki)が湧き出るところを意味する。昔は湿地 帯でもあり、ハワイ王朝の保養地でもあったワイキキだが、ハワイがアメリカ領土になった3年後にリゾート地として開発されて、ワイキキビーチが作られた。 ちなみにワイキキビーチの砂は、カリフォルニアから運ばれた砂だそう。

水深は、腰から胸くらいまでで、本当に遠浅で子供連れでも安心して遊べる。海の上には、のんびりヨットやカヌー等がちらほら。

ワイキキビーチで良く見る船は、アウトリガー・カヌーというそう。アウトガリーとは、クレーン車なんかを安定させる、横に張り出す支柱の事で、このカヌー、片側だけに安定用のフロートがついているので、シングルアウトリガーカヌーというそう。一旦沖に出た後、Uターンしてビーチに向かって一気に漕ぐと、波に乗りあっという間にビーチまで戻る。人工のビーチとはいえ、ワイキキビーチに来ると、ハワイに来た興奮する人が後を絶たない。晴れた日は特に海がキレイで、ビーチでごろごろしたり、ごはん持ってピクニックしたり、海で遊んだりするのにお勧め。

 

 

役立つ情報

 

・レンタルやサーフレッスンは、ボディーボードやロングボード等はブランドにこだわらなければ、1時間10$前後でレンタル出来る。
・ワイキキビーチには何隻かのカタマラン乗り場があり、だいたい20$以下でクルージング出来る。

運が良ければイルカに会えることもあるとか。

 

 

ワイキキ・ビーチの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.12.26 09:38
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る