サーストン溶岩トンネル

Thurston Lava Tube

サーストンラバーチューブ

 0/0人  |  人気指数 1,335

お気に入りに追加:0

ビジターセンターやキラウエア展望台と反対方向にあるサーストン・ラバ・チューブ

サーストン溶岩トンネル ハワイ火山国立公園内の入り口から、ビジターセンターやキラウエア展望台と反対方向にある「サーストン溶岩トンネル」は、溶岩が作りだす自然なトンネル。ハワイ島は、海底火山の噴火から生まれた島でもあり、現在でも活発な火山活動で、島が大きくなり続けているとか。ラバーチューブとは、溶岩トンネルのことで、約500年前にできたとの事。ドロドロの溶岩が流れるにつれ、外側から冷えて固まりこの固まった外側が壁になって中のドロドロ溶岩は全部流れポッカリと穴が出来でき、トンネルの様になったそう。

ここ「サーストン溶岩トンネル」は、駐車場から熱帯植物が生い茂るトレイルを歩くこと数分、トンネルの入り口に辿り着く。少し神秘的で、トンネルは、溶岩で形成された天然のトンネルだそう。その名もラヴァチューブ(ラヴァは溶岩という意味)で、途中までは明かりがあるが、それ以降は真っ暗なので、懐中電灯は必ず持っていくこと。トンネルの中は、ひんやりして、たまに雫がポタポタ落ちてきて、ちょっと恐い感も溢れる。トンネル出た後のシダの木も迫力あり、自然の力ってすごいと改めて実感させられる。

サーストン溶岩トンネルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る