ヒーリング・ストーン

Healing Stone

ヒーリング ストーン

 4.8/1人  |  人気指数 1,279

お気に入りに追加:0
  • ヒーリング・ストーン住所(日本語)住所(日本語): 

    110 カルフォルニア・アベニュ ワイアワ ハワイ96786

  • ヒーリング・ストーン住所(現地語)住所(現地語): 

    110 California Ave Wahiawa HI 96786

  • ヒーリング・ストーン電話電話:  未入力
  • ヒーリング・ストーン営業時間営業時間:  未入力
  • ヒーリング・ストーン定休日定休日:  未入力
  • ヒーリング・ストーン日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ヒーリング・ストーンカードカード:  未入力
  • ヒーリング・ストーンホームページホームページ:  未入力

ノースショア方面に向かう途中にある小さい町ワヒアワにある3つのパワー石

ヒーリング・ストーン

ホノルル方面から、ノースショア方面に向かう途中にある小さい町ワヒアワ。ここに、とても有名な癒しの石と呼ばれている「ヒーリング・ストーン」が3体ある。これらの石には、マナ(霊力)が宿っていて、触れば病気や怪我が治癒すると信じられてる。伝説によると、カウアイ島から飛んできた二人のハワイアンの修道女の姉妹が、これらの石に神聖な治癒力を吹き込んだとか。その後、たびたび場所が移されたり破損されたりしたが、人々はこの石を「まじない石」として信仰の対象としてきた。これらの石を触る事で、病気や怪我が治ると信じられている。

向かって右側の一番大きな黒い石は、四大神・ロノと言われ、身体に健康を与える石(PohakuHo’olaKino)だとか。特に1920年代~1940年代は、巡礼者が絶えなかったそうで、ハワイアンだけでなく日系人・韓国系・フィリピーノ・中国系の移民など、主にノースショアの砂糖きび畑で働く労働者たちが、夜明けから手に手にお供え物を持って集まってきたそう。以前は、バースストーンの近くにあったそうだが、この石の奇跡的な力を求めて人々が押し寄せたので、バースストーンへの危害を恐れたハワイアンによって、1927年に今の場所に移されたそう。現在では、白い大理石のお堂に祀られているが、これは1996年にヒンドゥー教徒が寄贈したものなんだとか。なんとこの「ヒーリング・ストーン」、今ではオアフ島在住のヒンドゥー教徒の間で、聖なる岩として崇められているらしく、いつの間にか背の高い方の岩を破壊の神シヴァの化身として、崇拝するようになったのだそう。こじんまりとした所だが、行く価値大の場所。そして、ここは、どうやら土足禁止のようなのでご注意を。



役立つ情報


【効力・祈願】―癒し・病気治癒

ヒーリング・ストーンの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る