オアフ島

Oahu

オアフ

O'ahu

 5/1人  |  人気指数 1,920

お気に入りに追加:0

ハワイの州都ホノルルのある馴染みの深いオアフ島

オアフ島

ハワイの州都ホノルルのある馴染みの深いオアフ島オアフ島には異なった表情を持つワイアナエ山脈とコオラウ山脈の2つの山脈が北西から南東方向に走っている。

オアフ島の地形】

これらの山脈に貿易風が当たってオアフ島の自然を独特のものにしている。雨の多い北東部のコオラウ山脈は水々しい緑に覆われ、数多くの滝もありダイナミックな風景を見せている。一方、島の西部にあるワイアナエ山脈には木々の緑と乾燥土の茶色をブレンドさせたような山肌が続いている。そして、2つの山脈に挟まれた島の中央部は平地になっており、パイナップルなどの栽培が行われている。 山沿いの地域には、にわか雨が多くの虹をもたらし、ハワイ州は「レインボーステイツ(虹の州)」とも言われている。「ウィンドワード」と呼ばれる島の東岸は風光明媚な海岸である。北の海岸部は「ノースショア」と呼ばれ、冬季には高波が打ちつけるサーフィンの名所で世界各地からサーファーが訪れる所である。西岸は「リワード」と呼ばれる。   

オアフ島の人口・気温

オアフ島はハワイで3番目に大きい島で、ハワイ州全体の8割の人がこの島に住んでいる。また州庁もこの島にあり、政治、経済、また観光の中心となっている。オアフの年間平均気温は24度、8月と9月に32℃を超えることもあるが、大抵貿易風が吹いているので木陰など直射日光の当たらない場所ではとても爽やかに過ごすことができる。海水の温度は年間を通して23~27度で、一年中オーシャン・スポーツを楽しむことができる。  

 

①ワイキキビーチ

島の南岸東寄りのホノルルに主要施設は集中している。市の東部のワイキキにはホテル・コンドミニアムやショッピングセンター等が林立し、世界有数のリゾート地帯となっている。ツアーのPRなどで良く見る海岸の風景である。 

 

②ダイヤモンドヘッドの別の姿

ダイヤモンドヘッドは火山活動の名残のタンタラスの丘をワイキキの浜から見る風景があまりにも有名である。しかし、これを反対側から噴火口の全貌を見ると別の山のように思える姿がある。 

 

ラニアケア・ビーチ

海亀が上陸するラニアケア・ビーチは別名海亀ビーチとも云われる。北部のハレイワ・タウンのすぐ隣で岩場や浅瀬に海亀が波に揺られて漂い、ラッキーな時は、砂浜に甲羅干しに上陸した海亀も見ることが出来る。自然界の生物を刺激しないよう、必要以上に近寄けないようロープを張って立入を規制し監視員もいる。午後の方が上陸した海亀に遭遇できるチャンスが高いということである。 

 

④冬のサンセット・ビーチ

ノースショアは夏と冬では海の状態が一変するという。その中でも世界のトップサーファーたちが集まるサーファー憧れるのがサンセット・ビーチである。1〜3月は大波を求めてくるサーファーと彼らを見る人々で賑わう

⑤夏のサンセット・ビーチ

夏の時期には海水浴のできる穏やかなビーチとなり、日光浴を楽しむ人達で賑わう。  

 

⑥マカハビーチでイルカが歓迎

西海岸の青い海の代表格がマカハビーチ。マカハ渓谷をバックに見る青々とした海はとても美しく、一見の価値ある。地元のボディボーダーやサーファーに人気のビーチで、それを見ているだけでも楽しめます。かなりローカル色の強いビーチで、白人や東洋系が少なく、サモアンやハワイアンが多い静かな雰囲気のビーチである。

 

ヨコハマ・ベイ

西海岸の白い砂と透き通った水がきれいなビーチ。訪れる人も少なくプライベートビーチ気分を楽しむことができる。ここから見る夕日はロマンチックだという。その昔、横浜出身の日本人移民が週末になるとこのビーチに訪れたことからヨコハマ・ベイと名付けられたという説もある。ここらの沖合いには、午前中に野生のイルカが来る場所としても知られている。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(オアフ島・街・通り)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.01.03 09:20
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る