クカニロコ

Royal Birthstones (Kukaniloko)

ロイヤル バースストーン(クカニロコ)

 4.6/1人  |  人気指数 1,177

お気に入りに追加:1
  • クカニロコ住所(日本語)住所(日本語): 

    カメハメハ・ハイウェイ ワイアワ

  • クカニロコ住所(現地語)住所(現地語): 

    Kamehameha Hwy Wahiawa

  • クカニロコ電話電話:  未入力
  • クカニロコ営業時間営業時間:  未入力
  • クカニロコ定休日定休日:  未入力
  • クカニロコ日本語/可・不可日本語:  未入力
  • クカニロコカードカード:  未入力
  • クカニロコホームページホームページ:  未入力

オアフ島ワヒアワ郊外にあるハワイ王族の女性達がお産をした聖なる地

クカニロコ

オアフ島のへそといわれている島の中心に位置し、「ハワイ王族のお産場所」だったワヒアワ郊外にある「クカニロコ・バースストーン」はエネルギーが強い場所。バースストーンには出産時の苦しみを和らげ るマナ(霊力)があると言われている。神聖な場所として王族以外の立ち入りは禁止されていたそう。古代には出生を証明する書類などなかったので王族男性が集められ証人として立ち会ったらしい。また、ここの石の上で産まれた子供は神からの洗礼を受けたそう。クカニロコ・バースストーンの歴史 は11世紀にまで遡り、18世紀までの約700年間、ハワイの王族女性が岩に座り出産したとわれる。ここで生まれた子供は、より高貴な存在になると信じら れていたため、オアフ島外の遠地からもはるばる旅してきた王族女性もいたそう。あまりにも神聖な場所なので、昔は何重にも境界線が設けられ、もし、庶民が 足を踏み入れたら最後、処刑されたという、きわめて特殊なエリアだったそう。それからここは出産場所としてだけではなく暦を読んだり星の位置を見たりするのにも使われていたよう。

ちなみに「クカニロコ」という地名は、ハワイ語で「内部からの叫びを収める」との意味で古来は「王族を地に結びつける場所」と理解されてきた。また、神が 王族の誕生を見届けると雷が鳴り、風が吹き荒れたという言い伝えから、一帯はハワイ語で「音のする土地」を意味する「ワヒアワ」と名づけられたと言われてる。クカニロコ・バースストーンは国・ハワイ州の史跡としても認定されていて、高い木が植わっている場所を中心にまわりには石が積んであったり、石には何か彫ってあったりする。そして遠くに山が見え、まわりは広々とした景色が広がる。なんだかとっても、他と違う空気が流れているのを感じる事が出来る。人によっては、小雨に濡れても気持ち良くて、ここを立ち去る時すごく残念な気持ちになったり、この場所で気分が悪くなり、動けなくなるという事もあるとか。

 

最近、日本でもパワースポットが流行っているらしく、日本人の方やツアーの方がたくさんいる。ヘイアウやバースストーンは、ハワイアンにとってはとてもとても聖なる場所。基本的にこういう場所は興味本位で行ってはいけない所でもあり、パワーを一方的にもらいに行くのではなく、友達とか家族とか自然とか、色んなものへの感謝の気持ちを持って、訪れてほしい。そして、この地で、雨が降るのは良くある事らしく「祝福の雨」と呼ばれているそう。ただ、かなり粘度のある赤土のため、雨の日(雨の後)はご注意を。また、パワースポットをめぐる際には、地元の方も気持ちよく受け入れてくれるようにカプ(禁止事項)をきちんと守ること。



役立つ情報


【効果・祈願】-安産・癒し

クカニロコの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る