スール・マカロン

Maison des Surs Macarons

 0/0人  |  人気指数 1,773

お気に入りに追加:0

マカロン発祥の地のマカロン

ランスではよく食べられるマカロン。その製法、レシピ、使われる材料もさまざまで各地で地方色を出しながら受け継がれてきたお菓子のひとつでもある。ロレーヌ地方のナンシーにあるマカロン・ド・ナンシー、『スール・マカロン』もそのひとつ。修道院のマカロンという意味だそう。中世の時代、修道女たちが修道院長のために作ったマカロンを、18世紀の迫害時に家にかくまってくれた人々らにふるまったところ、大変評判になり、それが今まで伝えられてきたという逸話があるそう。

マカロンと言えば 焼き上げた柔らかい生地にクリームがはさんであったものを想像するが、それはパリで考案されたものであってこのナンシーマカロンとは異なるそうだ。もともとは泡だてたメレンゲに砂糖を混ぜたものってことだったよう。ナンシーマカロンはこのタイプで、クリームがない。食べてみるととってものどが渇く!クリーム使ってないし、夏休みまで日持ちするかなぁ、持って帰れるかなぁと聞いてみると10日間くらいしか持ちませんよとのこと。あえなくおみやげを断念した。。

スール・マカロンのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロレーヌ・スイーツ・ベーカリー)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る