デザインが素晴らしい現代型トラム

ローマ時代からの歴史を持ち、フランス第二の人口を有するリヨンの街を走る路面電車が2000年、低床、低騒音の最新車両となって復活した。人工が増え続けるにしたがって大気汚染なども深刻になり、自家用車の減少を促すためにトラムを導入、都市交通政策にひと役かっている。リヨンのトラム、さすが芸術の都を擁する国だけあって、デザインが素晴らしいこと。卵のような前面に対し、側面には街の様子が描かれていた。現在、リヨンにはT1~T4の4路線があり、メトロが走っていない都心部、および郊外をカバーしている。また、今年中にT3線に乗り入れる形で、Rhônexpressと呼ばれるエアポートシャトルが開業する予定で、世界的にもまれな、トラムによる空港アクセスが実現する予定。どうも専用軌道では100km/h近くで走るようで、こうした点も注目したい。



他情報


・一編成の定員200人

・全面の運転席のデザインはイルカをモチーフにしたもの

・車イスやベビーカー、足の不自由な人たち、高齢者も乗り降りしやすいように、乗降口はプラットホームと同じ高さにしてある。

また、自動収納式のドアステップも出るようななっている。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(リヨン・交通)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

ここはどうですか?
リヨンの人気トラベルノート

  • 宿
ソフィテル リヨン ベルクール
ホテル内にはミシュランの星付きレストラン「レ・トロワ・ドーム」がある
ル ロワイヤル リヨン
ベルクール広場近くのモダンな高級ホテル
カンパニール リヨン セントル...
ガンベッタ通りの近くにあるモダンなホテル

もっと見る

市庁舎
有名な中心部のない螺旋階段
テロー広場
フランス語で地球広場
サン・ジャン教会
14世紀に設置された天文時

もっと見る

最近見た記事
一覧見る