博物館の島

ムゼウムスインゼル

Museumsinsel

 4.3/2人  |  人気指数 1,913

お気に入りに追加:0

世界遺産にも登録された19世紀から20世紀にかけて博物館が建てられた地区

博物館の島ベルリンにある「博物館の島」は、その名の通りシュプレー川の中州から北一帯は博物館で出来た島のよう。19世紀から20世紀にかけて、博物館が次々とたてられ、現在では、ペルガモ博物館、ボーデ博物館、新博物館等の系5館があるそう。元々は、プロイセン王国の王宮があった場所で、大聖堂や市庁舎がある中心地だったとか。それが、ヴィルヘルム3世の命により、旧博物館が建てられた事から始まり、別の博物館も周辺に開設されていった。博物館巡りだけでも1日過ごせてしまう「博物館の島」へ、是非足を運んでみて。

また、大きな荷物は博物館の入り口に、無料で預かってくれる場所がありますので、利用してください。(ボーデ美術館とペルガモン博物館には、ありました。)

博物館の島の楽しみ方

編集履歴

・ミュージアム3日券

約70博物館に、特別な日以外の3日間有効な券(一般:19ユーロ/学生9.50ユーロ)

・SMB

共通サイトや料金システム等があり、毎週木曜の閉館4時間前の入場は無料になる。

対象博物館は、ペルガモ博物館、ボーデ博物館、旧ナショナルギャラリー、旧博物館、絵画館、新ナショナルギャラリー、ベルクグリュン美術館、シャルフ・ゲルステンブルク・コレクション。



コース紹介


・旧博物館

・新博物館

・旧ナショナルギャラリー

・ボーデ博物館

・ペルガモ博物館

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ウンターデンリンデン・世界遺産)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.09.11 13:07
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る