ベルリン市街

ベルリンシガイ

お気に入りに追加:0

東西ドイツの跡が色濃く残る街

ベルリンはほんの数十年前まで、資本主義と社会主義の冷戦により、東西に分断されていた街です。

その跡が色濃く残るところです。

東西を分けていたベルリンの壁はところどころ残り、博物館もあります。

ペルガモン博物館やカイザー・ウィルエルム教会などは、戦争で破壊された跡が残っています。

旧東ドイツの政府機関も建物がそのまま残って、活用されています。

どちらかといくと、ミュンヘンなどとは違い、華やかな雰囲気ではなく、なんとなくおもっ苦しいところで、

歴史の重みを見て回るのに適しています。

 

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ベルリン・街・通り)の記事に3名の編集者が参加しました!

ベルリン市街のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.04.16 19:29
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る