シャークベイ

Shark Bay

Shark Bay

 0/0人  |  人気指数 1,597

お気に入りに追加:0

ジュゴンやサメに会える!

西オーストラリア州発の世界遺産のシャークベイシャークベイは、1616年にヨーロッパ人が初めてオーストラリアに足を踏み入れた場所に近い西オーストラリア州の最西端に位置している。シャークベイ付近は、オーストラリア南部と北部の植物が混合する境界地点のため、さまざまな種がくらしているところ。人魚伝説のあるジュゴンや、イルカ、ミドリガメ、ザトウクジラなど約320種の動物達が生息している。特にジュゴンは世界最大の生息数で約1万頭が暮らしている、といわれている。ウミガメの産卵を見られる地域、イルカとの触れ合いができる地域などもある。また。ペロン半島には貝でできたシェルビーチがあり、その長さは110キロにも及ぶ。

世界遺産、西オーストラリアのシャークベイヘ車で向かう。半島一帯が世界遺産エリアで、そこら辺に世界遺産をアピールした看板があった。その中で世界遺産に指定された最大の理由が「ストロマライト(藻の化石)」で現存していて、世界でも最大の規模を誇ってるからだそう。わくわくしながら、海岸へと進んで見に行く。この岩みたいなのが生物?と思うが、これが酸素を作って今も成長していて、しかも世界最古の生物だというから面白い。

次は「シェルビーチ」へ向かう。広範囲にわたって、貝殻が堆積したビーチが続く。実際に手に取ってみると確かに貝殻。貝殻のビーチに寝そべる。貝殻が背中をいい感じで刺激して、マッサージみたいで気持ちいい!

シャークベイの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(西オーストラリア州(WA)・世界遺産)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る