民雄鬼屋

ミンシィォングゥイウー

民雄鬼屋

 0/0人  |  人気指数 1,662

お気に入りに追加:0
  • 民雄鬼屋住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 民雄鬼屋住所(現地語)住所(現地語): 

    嘉义县民雄乡兴中村义桥

  • 民雄鬼屋電話電話:  未入力
  • 民雄鬼屋営業時間営業時間:  未入力
  • 民雄鬼屋定休日定休日: 

    無休

  • 民雄鬼屋日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 民雄鬼屋カードカード:  未入力
  • 民雄鬼屋ホームページホームページ:  未入力

台湾の四大鬼屋の一つ

台湾で、民雄といえば、「民雄肉包」と「民雄鬼屋」。「鬼屋」とは、「おばけやしき」のこと。この「民雄鬼屋」は、台湾の四大鬼屋の一つで、その中でも一番すごい屋敷。なんせ、市販されている地図にも「劉氏古厝」(民雄鬼屋)と載っているほど。

1929年、劉氏というお金持ちが風水師にだまされてこの田舎で建てた家で、召使との不祥事がおこったあと、その召使いの死体が井戸で発見されたあと、夜中にしきりにおかしな音がでるようになり、一家が悲劇に見舞われ、引っ越しを余儀なくされたという話があるそう。台1線沿いに、看板を発見。標識を頼りにここから2キロほど行くと、たんぼが広がるのどかな集落に「鬼屋咖啡」の看板が。その奥には、草ぼうぼうの中庭が見える小さな門。明るすぎるほどのまぶしい台湾の南部の太陽の下、叢の中にある踏みつけられて草も無い小道を進んでいくと、人の声が。木々にまとわりつかれて、朽ち果てた洋館の前の塀のところに、街角芸人のおじさんが、観光客らしい男の子と、のどかにお話をしていた。目の前には、美しい召使の女性だか、ここの洋館のお嬢様が身を投げたという井戸があった。覗いてみたけど、埋まっていた。毎週日曜日の天気の良い日には、ここで演奏をしているそう。この芸人さんのおかげで、怖さも吹っ飛んでしままった。

 

 

 



役立つ情報


【レストラン情報】

屋敷の左側にある「民雄鬼屋」。

このお店、コーヒーのほかにも軽食、定食、鬼屋の解説付きガイド(中国語のみ)もあるそう。

店の女の子に、「怖くないの?」と聞いたら、「全然」だそうだ。

台湾では、旧暦の7月は「鬼月」といって、地獄の門が開いて、好兄弟達がこの世にやって来るので、夜は外に出ないとか、水辺に近寄らない、水遊びしない、旅行しない、結婚式しない、家や車をを買わない、等たくさんの禁忌がある。そして、テレビ局では、毎晩のように「お化け屋敷」の番組を放送していて、番組でみると、けっこう怖いかも。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(雲林県・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!

民雄鬼屋のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る