リイディオット

L'Idiot

リディオッチャンティン

里帝歐餐廳

 0/0人  |  人気指数 1,273

お気に入りに追加:0
  • リイディオット住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • リイディオット住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市民生東路3段156号

  • リイディオット電話電話: 

    02-2545-6966

  • リイディオット営業時間営業時間:  未入力
  • リイディオット定休日定休日:  未入力
  • リイディオット日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • リイディオットカードカード: 

  • リイディオットホームページホームページ:  未入力

フランス、イタリア、スペインなどヨーロッパの料理がいろいろ楽しめるレストラン

リイディオット

あるホテルグループのご子息がオープンしたお店。オーナーでありシェフでもあります。鯨をイメージしたモザイクの大きなオブジェに、北欧風の家具。店内はオーナーが自ら描いた絵画がたくさん展示されています。店内はとっても広々として、気持ちがいいです。

 

休日のブランチがブロガーの間では話題です。平日はランチセットがあって、390.590.790元の3種類があります。ここの料理はフランス、イタリア、スペインなどがいろいろ混ざっている複合料理のようです。ブランチのメニューを見ましたが、単品で注文してみることにしました。ちなみにブランチは20種類以上もありました。パンバターには蜂蜜が入っていて、甘い香りと味ががよかったです。ルッコラのサラダはちみつ漬けのレモンのスライスしたのが入っていました。ドレッシングがかかりすぎていて、甘い味だったため、ちょっとくどかったです。FestivalPlatterカラマリ、フライドポテト、フライドチキン、フィッシュフライの4種類の揚げ物のセットどれも味つけがされていておいしかったです。上の揚げ物に付いているタルタルソースとハニーマスタードこのタルタルソースがとってもおいしい〜 揚げ物にぴったりです。ハニーマスタードは少し甘すぎました。

 

メインディッシュ:ブイヤベースロブスターが大きいですね。友達はスープの味、気に入っていたようでした。付いてきた季節の野菜。山蘇でした。炒め方が上手なので、きぬさやのような食感が生きていました。サーモンの青パパイヤ添えとスペイン風ライス石の上にのせられたサーモンはジュージューいっていました。油がのっておいしいです。ボリューム満点。スペイン風ライスは特徴のない味でした。アイスラテ:ミルクの量が多めでした。煎茶のミルクティー煎茶の香りが牛乳の後にほのかに漂います。意外と合っています。日本茶と牛乳って面白い掛け合わせですね。でも少しミルクの量が多いので、食後のお腹がいっぱいの時にはあまり向いてないと思います。お会計をするときに、お菓子をくれました。こういう気遣いうれしいです。店員さんもみんな態度がとってもよかったです。週末の予約取りにくいです。お会計2387元(上記すべて)日本円8354円。

リイディオットのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京東路・松山区・洋食)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る