典蔵茶館

ARTCO TEA

デケンチャンチャーガン

典蔵茶館

 0/0人  |  人気指数 1,748

お気に入りに追加:0
  • 典蔵茶館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 典蔵茶館住所(現地語)住所(現地語): 

    台北市中山北路一段135巷16號

  • 典蔵茶館電話電話: 

    02-2542-7825

  • 典蔵茶館営業時間営業時間:  未入力
  • 典蔵茶館定休日定休日:  未入力
  • 典蔵茶館日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 典蔵茶館カードカード:  未入力
  • 典蔵茶館ホームページホームページ:  blog.yam.com/artcomusic

さわやかなインテリアが素敵なランチもできるカフェ

典蔵茶館

台湾語のレッスンの前にランチを〜と思って、Taipeiwalkerに載っていたカフェへGO〜まだオープンしたての、新しいお店です。ミーハーなので新しいお店が好き、、、しかも台湾に来て初のお一人様ランチをしました〜 レッスン前の予習と復習も兼ねてです。間口は小さくて、ちょっと場所が分かりにくいかも。中に入ると、細長くて意外と広々、2階もあるみたい。そして席に案内されると、すてきなインテリアにびっくりしました。写真だと分かりにくいのですが、奥が日光を直接取り込んだテラス風になっていて、グランドピアノが置いてあります。テラスにあたった日の入り方がなんともきれい。

 

ランチのメニューは基本的に洋食風、タイカレーなどもあるみたい。そして大人数用のメニューは中華といろいろあります。 お茶がメインのお店で、お茶の品揃えがたくさんありました。中でもマリアージュフレールの紅茶は20種類ぐらい揃えてあります。私はランチセットのプロバンス風ローストチキンを注文。お店でかなり人気のようです。飲み物は180元以内のを選ぶことができますが、もし180元よりも高いのがいい場合、差額を払えばいいそうです。私は250元のマリアージュフレールのダージリンプリンストンにしました。中国語名は「五點鐘茶」マリアージュの説明書きでは「黄昏どきの5時のお茶」と書いてあるからでしょうか〜オーダーをすると、ウェルカムクッキー?がすかさず用意されました。お腹すいたお客さんにはいいかも。ちょっとチーズ味のクッキーです。

 

トレーにのせられてやってきましたランチ。見た目はいい感じ。プロバンス風ローストチキンチキンの皮がぱりぱりに焼かれています。その上にパン粉やらいろんなハーブなどがかかっています。ほんの少しカレー味。周りのソースは特に特徴のない味です。ピクルスカラーピーマンなどを使用したピクルスです。酸味はほどよい感じ。エリンギエリンギが醤油などで煮込んであります。いきなり中華な味。甘めのしょうゆ味。コーンスープとフルーツサラダ。コーンスープも思いきり中華な味。なんか冷めてました。フルーツサラダはグアバなどが入っています。これといった味付けはしてません。パンブラックオリーブや雑穀が入っています。これはまあまあかな〜デザート。チーズケーキと抹茶味のマドレーヌです。甘さは控えめ。そして、楽しみにしていた、マリアージュフレールの紅茶。だけど店員さんが忘れたらしく、いつまで経っても来ません、、、店員さんに注意をしたら、ものの1分で出てきました。「春摘みのダージリンの葉だけをブレンド。フレッシュでフルーティーな香りは絶品です。」らしいですが、入れ方が下手なのか全く香りがしません、、、味もほんとにマリアージュフレールなの?と疑うほど、、、 注意したから急ぎすぎてこんな味になったのかもとっても残念です。

 

帰りがけにこのポスターを発見しました。今月の7月は水、木、金3時から3時40分まで音楽会があると書いてあります。土曜日は夜8時から9時10分。夜だけかなと思ってました〜今度はピアノを聴きに、アフタヌーンティーでもしたいなあ。今度は紅茶がおいしくありますように、、、お会計407元日本円約1425円。2008年10月26日の夜にまた訪れずれました。マリアージュフレールの紅茶の入れ方がだいぶ上手になっていましたよ。

典蔵茶館のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(中山駅・茶芸館・カフェ)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る