陶光工芸有限公司

 0/0人  |  人気指数 1,915

お気に入りに追加:0

シンガポールの西部ナンヤンテクノロジー大学のすぐ近くにある陶芸工場

陶光工芸有限公司

シンガポールの西部、ナンヤンテクノロジー大学のすぐ近くにある、「陶光工芸有限公司」。その長い形や窯焚きの際に煙が出る様から、山を登る龍になぞらえて「龍窯(りゅうよう)」と呼ばれる窯がある。簡単に言うと、陶器を焼く時の、釜。日本で、現在も見られる連房式の「登り窯」や、古墳時代から江戸時代以前まで主流であった「穴窯」のルーツでもあるそう。入り口は、中に入ると、とっても長い空洞が。タイミングが合えば、焼いてるところを見れるよう。さすがは、陶芸の里、いたるところに、作成途中の陶器や、完成品が、ごろごろしている。ちなみに、街中で買うよりも、どうやら安く買えるよう。興味のある人は、ぜひ行ってみては。
 

陶光工芸有限公司のオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(西部・ジュロン・伝統工芸品)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る