黄亞細肉骨茶餐室

Ng Ah Sio Port Ribs Soup Eating House

ン・アー・シオ

 0/0人  |  人気指数 1,465

お気に入りに追加:0
  • 黄亞細肉骨茶餐室住所(日本語)住所(日本語): 

    208 ラグーン・ロード シンガポール218453

  • 黄亞細肉骨茶餐室住所(現地語)住所(現地語): 

    208 Rangoon Road Singapore 218453

  • 黄亞細肉骨茶餐室電話電話: 

    6291-4537

  • 黄亞細肉骨茶餐室営業時間営業時間: 

    6:00-14:00

  • 黄亞細肉骨茶餐室定休日定休日: 

  • 黄亞細肉骨茶餐室日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 黄亞細肉骨茶餐室カードカード:  未入力
  • 黄亞細肉骨茶餐室ホームページホームページ:  未入力

中華系の地元料理が食べられるオープンエアの大きな店

黄亞細肉骨茶餐室黄亞細肉骨茶餐室(NgAhSioPortRibsSoupEatingHouse)という長い名前の地元料理屋。ここの名物は、バクテー(BakKutTeh)という中華系の地元料理。バクテーとはガイドブックによると、骨付きの豚肉を漢方のハーブを利かせたスープで煮込んだ中国系料理だそう。

オープンエアの店にしては、かなり大きな店で、テラス席もかなりの数があり、ほぼ満席。来る途中にあった料理屋はがらがらの店が多かいのに対し、かなりの人気店のよう。バクテーと、ライスと中国茶が一般的。中国茶は、茶葉を渡されて、テーブルごとに置いてある、やかんから勝手にお湯を入れる方式。メインのバクテーは、一見、豚の角煮のようだが、味は全然違い八角と胡椒のスープの煮込みといった感じ。この国では時々あることだが、無意味に胡椒を入れすぎで、また肉にスープの味がしみているわけでもなく、残念ながら何がおいしいのか全く分からない時がある。胡椒のスープとご飯を食べたようなそんな印象。スープは減ると、店の人がご丁寧に継ぎ足してくれるのだが、全く不要。でも、これだけ混んでいるので、シンガポール人にはおいしく感じるのだろう。休日はいつも以上の混雑振りだそう。他にも、豚足等ありくせも少なく、コラーゲンいっぱいなのも嬉しく美味。

値段はお茶も入れて合計S$8.4(588円)程で、日本円に直せば安いものだが、この手の店にしてはやや高い気が。いずれにしても、もうバクテーを頼むことは二度とない店なので一度は是非。

黄亞細肉骨茶餐室のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る