ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテル

Jumeirah Himalayas Hotel Shanghai

ジュメイラ シャンハイ ヒマラヤホテル

上海卓美亞喜瑪拉雅酒店)

 4.8/1人  |  人気指数 2,067

お気に入りに追加:0

ドバイの最高級ホテルを運営するジュメイラグループがプロデュースするアジア初進出ホテル

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテル」は、ドバイのバージュ・アル・アラブを手掛けるジュメイラグループがアジア地域初のラグジュアリー・ホテルです。客室はイギリスのKCA インターナショナル社(バージュ・アル・アラブの内装を担当)が手掛け、風水の教えに基づいた中国文化とモダンラグジュアリー感が融合したオリエンタルモダンな雰囲気です。
ランドマーク的複合施設であるヒマラヤセンターの中に位置しており、同じ敷地内に大観シアター、ヒマラヤ美術館、ショッピングモール街、屋上インフィニティ・ガーデンなどがあります。こちらは世界的に有名な建築家、磯崎新(いそざきあらた)氏による芸術作品です。
上海新国際博覧中心(SNIEC)の真向かいという便利な立地で、地下鉄の駅にも直結、浦東空港と上海市内を7分で結ぶリニアモーターカーの駅からも徒歩圏内です。

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテルの客室情報

ここの客室情報を紹介してください。

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテルの客室備品

あり 不明 なし
24時間ルームサービス24時間ルームサービステレビテレビエアコンエアコン電話電話
冷蔵庫冷蔵庫無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポット
お茶セットお茶セットミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサー
クローゼットクローゼットアイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント
変圧器変圧器加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービス
キチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)
無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク
衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機
DVD/CDプレイヤーDVD/CDプレイヤーベビーベッドありベビーベッドありベビーベッド (無料)ベビーベッド (無料)羽毛掛け布団羽毛掛け布団
プライベート プランジプールプライベート プランジプール車椅子対応車椅子対応遮光カーテン遮光カーテン託児サービス (客室内、有料)託児サービス (客室内、有料)
庭ベビーベッド (有料)ベビーベッド (有料)乾燥機乾燥機洗濯機洗濯機
共用キッチン共用キッチンキッチンキッチン炊飯器炊飯器オーブンオーブン
調理器具および食器類調理器具および食器類可動式ベッド / エキストラベッド (無料)可動式ベッド / エキストラベッド (無料)可動式ベッド / エキストラベッド (有料)可動式ベッド / エキストラベッド (有料)洗濯機 / 乾燥機洗濯機 / 乾燥機
マッサージサービス (客室内)マッサージサービス (客室内)   

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテルの浴室&トイレ

あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットセカンド バスルームセカンド バスルーム専用バスルーム (客室外)専用バスルーム (客室外)専用バスルーム専用バスルーム
温泉浴槽温泉浴槽浴槽またはシャワー浴槽またはシャワー深めの浴槽深めの浴槽浴槽のみ浴槽のみ
シャワー付き浴槽シャワー付き浴槽バスアメニティ (無料)バスアメニティ (無料)タオル / シーツ (有料)タオル / シーツ (有料)一部オープンのバスルーム一部オープンのバスルーム

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテルのPLUS情報

ここのPLUS情報を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(浦東・五つ星)の記事に4名の編集者が参加しました!

ジュメイラ 上海 ヒマラヤホテルのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る