とんぼりリバークルーズ

 0/0人  |  人気指数 1,789

お気に入りに追加:0
  • とんぼりリバークルーズ住所住所: 

    【乗り場】太左衛門橋船着場(中央区宗右衛門町7-13)

  • とんぼりリバークルーズ電話電話: 

    06-6441-0532(9:00-18:00)

  • とんぼりリバークルーズ営業時間営業時間:  未入力
  • とんぼりリバークルーズ定休日定休日: 

    2012年7月13日(金)・24日(火)・25日(水)、8月4日(土)

  • とんぼりリバークルーズカードカード:  未入力
  • とんぼりリバークルーズホームページホームページ:  http://www.ipponmatsu.co.jp/cruise/tombori.html

道頓堀の逸話なども聞ける、お手軽クルーズ

食事の後、まず向かったのはとんぼりリバークルーズ(乗船料700円)ですが、大阪周遊パスがあると無料!!乗船する場所の目印は『ドンキホーテ』。ここで乗船券を買います(大阪周遊パスの方はここでパスを見せて乗船券を貰います)。さっそく乗り込み、道頓堀をリバークルーズ。ん?船の中に日傘が・・・??夏は暑くて、日傘がないと乗ってられません。皆日傘をさして出発。ガイドは日本語で案内ですが、橋の名前などは解りやすく韓国語と英語で案内していた。このときは韓国人のグループも一緒に乗船。外人にも人気があるんですね!!えびす橋にはお好み焼きを返すコテがデザインされている!この道頓堀、工事をして綺麗になったんですが、この工事のおかげで、あの有名なカーネルサンダースの人形が見つかったとのこと。しかし、このクルーズ、橋とぶつかりそう!ぶつかることはないでしょうが、ちょっとしたスリルが楽しい!変わった建物はFM大阪とのこと。最後に大タコを退治するというアトラクションも。バズーガ砲を大タコに狙いを定め・・・見事命中!!たこの目が光り、音楽が流れました。ガイド曰く、当たり判定がシビアすぎるのかなかなか命中しないとのこと。でも当たってホッとしたとのこと(笑)道頓堀の逸話なども聞けるし、これはオススメですよ!!



他情報


リバークルーズは一本松海運が運行しています。

とんぼりリバークルーズ以外にも、『落語家と行く なにわ探検クルーズ』『大阪 水遊紀行』などのクルーズもあります。

とんぼりリバークルーズのコース紹介や利用方法

編集履歴

 

下記の橋を巡ります!
①日本橋 (にっぽんばし)
「堺筋」が川を渡る橋。東南側には黒門市場やでんでんタウンがあります。

②相合橋 (あいあうばし)
地元では”あいおいばし”と親しまれ、橋の上では
様々な催しが行われます。

③太左衛門橋 (たざえもんばし)
袂には行列のできるたこ焼き屋があり、橋の上は、いつも多くの人で賑わっています。

④戎橋 (えびすばし)
大規模な掛け替え工事が行われ、新しいシンボルとして
生まれ変わりました。

⑤道頓堀橋 (どうとんぼりばし)
銀杏並木が美しい大阪のメインストリート「御堂筋」が川を渡る橋です。

⑥新戎橋 (しんえびすばし)
南東角にある「出世地蔵」には、ミナミの新名所として訪れる人が
増えています。

⑦大黒橋 (だいこくばし)
北側には、若者文化の中心地「アメリカ村」が広がり、個性的な店が
立ち並んでいます。

⑧深里橋 (ふかりばし)
「四つ橋筋」が川を渡る橋。北西側には流行発信の街「堀江」がある注目満点のエリアです。

⑨浮庭橋 (うきにわばし)
「堀江」と「湊町」をつなぐ人道橋。浮かぶ原っぱをイメージに、
平成20年に架けられました。



利用方法


受付

乗船受付は、遊歩道「とんぼりリバーウォーク」、北岸の「ドン・キホーテ道頓堀店」1階で行っており、乗船場はその目の前です。

「ドン・キホーテ」の観覧車を目印にお越しください!!

 

チケット

大人(中学生以上) 700円 /こども(小学生) 300円

※小学生未満は、おとな1名に付き、1名のみ無料。2人目から子ども料金が必要です。

※乗船券は「当日券」のみの販売です。

 

運行スケジュール(所要時間:約20分)

平日

13:00-21:00まで 毎時00分、30分に出航 (17:00と17:30は運休
土日祝・繁忙期 11:00-21:00まで 毎時00分、30分に出航

※ご乗船当日の運航状況等は、「乗船受付」または「一本松海運(TEL.06-6441-0532 9:00~18:00)」まで
   お問い合わせください。
※少雨運航。
※河川工事・地域祭礼行事・イベント等により、予告なく運休、運航期間の変更、
   コースの一部変更を行う場合があります。
※気象・海象・潮位等により運休となる場合があります。
※状況により、増便を行う場合があります。
 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(心斎橋・難波・観光ツアー)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る