農園で摘み取られたオーガニックの茶葉使用

クリッパー
 

Clipper(クリッパー)の紅茶は、フェアトレードを基盤とする農園で摘み取られたオーガニックの茶葉が使用されている。ティーバックには漂白剤が使用されておらず、薄茶色のティーバックは、この紅茶の上品さとかわいらしさを際立たせている。
クリッパーは1984年に創業された比較的新しい会社で、高品質のアッサム紅茶を販売することによって成功を収めている。1994年には、イギリスの紅茶業界で初めてフェアトレードによる紅茶を販売して脚光を浴びた。イギリスにおいて最初に緑茶のティーバックを生産したのもクリッパーである。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロンドン・紅茶・食料品)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る