ひがし茶屋街

HIgashi Cayagai

ヒガシチャヤガイ

 0/0人  |  人気指数 1,220

お気に入りに追加:0
  • ひがし茶屋街住所住所: 

    石川県金沢市東山

  • ひがし茶屋街電話電話: 

    076-220-2194(金沢市観光交流課)

  • ひがし茶屋街営業時間営業時間:  未入力
  • ひがし茶屋街定休日定休日: 

    なし

  • ひがし茶屋街カードカード:  未入力
  • ひがし茶屋街ホームページホームページ:  未入力

江戸時代から栄えてきた茶屋が軒を連ねる金沢の観光名所!「ひがし茶屋街」

ひがし茶屋街浅野川の岸辺に位置し、金沢駅からバスで10分ほどの場所に位置する「ひがし茶屋街」。ここは、江戸時代からお茶屋街として栄えてきた場所で、今でも時折、芸妓さんが奏でる三味線た太鼓の音などが聞こえてきます。

石畳の道の両側にはキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残っており、風情あふれる空間は歩いているだけでも楽しくなってしまう場所。平成13年には、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定され、金沢観光の人気スポットとなっています。

ひがし茶屋街」では、不定期(予約制)でお稽古風景見学会やお茶屋遊びを体験できるというイベントも開催されているので、旅行前にチェックしてみて下さいね。

ひがし茶屋街の楽しみ方

編集履歴


コース紹介


 ここ、「ひがし茶屋街」では観光客の一見さんでもお茶屋の内部を見学できるスポットがある2箇所ある。
しかも、全国的に類例の少ない江戸時代建てられた茶屋建築を目にすることができるという。
 

志麻(しま):重要文化財

ここは江戸時代(1820年)、ひがし茶屋街創設当初に建てられた茶屋建築で、2階は客間(座敷)とするために天井が高く建てられている。通りに面して高欄と張出しの縁側を設けているのが特徴だそう。

住所:石川県金沢市東山1-13-21
開館時間:9:00~18:00
入館料:400円

 

      前座敷

座敷周りには面皮柱(めんかわばしら)と呼ばれる丸太の肌を残した柱を用い、それに漆で全体に濃い色をつけ、
弁柄色の土壁や金物などで独特の瀟洒(しょうしゃ)で華やかな室内を醸し出している。

お茶屋は2階が客間で、押入れや物入れを作らず、あくまでも遊興をメインとした粋な造りとなっている。
そのため、柱も非常に少ない。

襖の取っ手部分は七宝焼きだそう。

江戸時代、2階が高い建物はお茶屋だけが特別に許されたそうだ。
客が床の間を背にして座ると、正面が控えの間になっている。

 

控えの間      

この控えの間が演舞の場で、襖が開くと、芸妓(げいぎ)の遊芸が披露されたそうだ。

ちなみに、ここで言う遊びは、琴、三弦、舞、謡曲の他、茶の湯、和歌、俳句など幅広く、芸妓は高い教養と技能が要求されたそうだ。

 

建物から備品に至るまで(照明は除く)当時の姿のままだという。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(石川県・街・通り)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る