プリンセス・カイウラニ像

PRINCESS KAIULANI STUTE

プリンセス カイウラニ ステーテュ

 0/0人  |  人気指数 1,720

お気に入りに追加:0

キングスビレッジからクヒオ通りに向かうとある悲劇の王女の銅像

プリンセスカイウラニ像キングスビレッジからクヒオ通りに向かうとある「プリンセス・カイウラニ像」は、23歳と言う若さで他界した王女の銅像。周辺は、カラカウア王やリリウオカラニ女王の妹や、オアフ州知事を勤めたスコット・アーチボールドが住んでいた邸宅や庭園があった場所だそう。

プリンセス・カイウラニと一緒に立っている1羽の孔雀は、王女が買っていたと言うペットで、子供時代にアイナハウで50羽以上の孔雀に囲まれ過ごしたとか。プリンセス・カイウラニは、6歳で明治天皇の甥と縁組し、12歳で母であるリケリケが他界し、13歳でイギリス留学と言う波乱の人生を送ったが、ハワイの伝統や知識、貴族の教養が全て兼ね備えていたそう。教養だけでなく顔も美しい美貌をもっていたせいか、リリウオカラニ王女時代には、継承者としても指名されたほど。プリンセス・カイウラニが、イギリス留学でイギリスやフランスと社交していた際に、ハワイ王朝が崩壊してしまう程の危機に追い込まれる。8年間ものイギリス留学を終え、ハワイに戻ってきた頃にはすでに崩壊していて、共和国となっていたそう。そのご、ハワイ島で過ごした時に風邪をこじらせ23歳と言う若さで他界。プリンスが亡くなった時、ペットの孔雀達が一斉に鳴き叫んだそう。他の王女や王に比べ、かなり波乱人生を送ったプリンス・カイウラニは悲劇の王女と呼ばれている。

幼女時代を過ごした、アイナハウ跡にはシェラトン・プリンス・カイウラニホテルが建てられ、ホテル内にはプリンスの肖像画等が展示されているのも有名。ちなみに、プリンス・カイウラニの誕生日である10月16日は行事イベントも開催される。

プリンセス・カイウラニ像の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る