グリュプトテーク

グリュプトテーク

Glyptothek

 0/0人  |  人気指数 1,804

お気に入りに追加:0

オベリスクの直線上に現れた古代ギリシャのイオニア式の柱が目立つ建物

グリュプトテークミュンヘンの彫刻美術館と言えば、ここ「グリュプトテーク」。広い敷地にぽつんとたたずんだ、ギリシャ風の建物が印象的。それも「グリュプトテーク」とは、ギリシャ語で彫刻館と言う意味だそう。バイエルン王国のルートヴィッヒ1世が設立した古典古代の彫刻専門の美術館。設計は新古典主義建築家で、向かい側の古代美術館も同じレオ・フォン・クレンツェと言う人が設計したそう。第二次世界大戦で大きな被害をうけ、閉鎖されていた美術館だが、再開館になり現在もなお美術館として残る。館内では、数多くの有名彫刻が展示され、彫刻好きは必見。また、向かいの古典美術館も一緒に周ると良いかも。

グリュプトテークの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ミュンヘン駅周辺・博物館・美術館)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る