ツム・ゲマールテンハウス

 0/0人  |  人気指数 1,947

お気に入りに追加:0
  • ツム・ゲマールテンハウス住所(日本語)住所(日本語): 

    シュヴァイツァーストリート67

  • ツム・ゲマールテンハウス住所(現地語)住所(現地語): 

    Schweizer Str. 67

  • ツム・ゲマールテンハウス電話電話: 

    (069)-614-559

  • ツム・ゲマールテンハウス営業時間営業時間: 

    (火~日)10:00-0:00

  • ツム・ゲマールテンハウス定休日定休日: 

    月/夏期

  • ツム・ゲマールテンハウス日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ツム・ゲマールテンハウスカードカード: 

  • ツム・ゲマールテンハウスホームページホームページ:  未入力
大きい地図で見る

[U]1、2、3 Schweizer Platzから徒歩約5分

フランクフルトにあるお洒落な隠れた居酒屋風のレストラン

ツム・ゲマールテンハウスフランクフルトの名物は、りんご酒で有名なフランクフルトのザクセンハウゼン地区にはリンゴ酒で有名なお店がたくさん。この「ツム・ゲマールテンハウス」というところは、ガイドブックの住所どおりの67番地を探すが、66と68はあるのに、67がないとかで、そこにあるのはパン屋さん。しかし、このパン屋さんから約50m位先の反対側にあるので要注意。外観は、写真と同じ緑のドアで、店内は4人用のテーブル席や10人用くらいの長いテーブル。ほんと大衆居酒屋、ってかんじのカジュアルなかんじ。メニューは、applewein(りんご酒)の文字と、ripphen(豚の骨つきあばら肉)の文字を探して注文すると良い。有名な、リンゴ酒(1.9ユーロ)は、想像した味と違い、甘くなく、ほんのりシュワッとして、白ワインみたいだとか。それでいて、ちょっとリンゴの味がした、不思議な飲み物。リップフェンは、大ボリュームで7.9ユーロ。下にはザワークラフトがいっぱい敷きつめてあい、このザワークラフトが美味しく、肉によく合う。肉には味がついてないらしく、やわらかいし、ザワーと一緒に食べると美味しい。ちなみに、リンゴ酒は本来、陶器の樽からそそがれるらしく、日本で言うピッチャー感覚?を頼んで、自分でちびちびついで飲むそう。また、フルーツ酒みたいなものもあり、フルーツをお酒の中に浸して、それを食べてから飲むらしい。そうやら、ビワで作られたお酒らしくかなり度数は強いよう。カルヴァドスは、フランスのカルヴァドス地方でつくられるリンゴの蒸留酒だそう。

ツム・ゲマールテンハウスのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ザクセンハウゼン・レストラン・カフェ)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.01.03 09:57
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る