九寨溝

Jiuzhaigou

キュウスイコウ

九寨沟 གཟི་རྩ་སྡེ་དགུ།

お気に入りに追加:0

世界遺産認定の中国国内でも代表的な美しい自然景観

九寨溝」です。とても広くて地図みるだけで「大変だあ」ってことになりますがバスに乗って歩いて観光。またバスに乗って歩いて観光の繰り返しです。が・・・結構辛いんですよ。九寨溝は石灰岩質の岷山山脈(びんざんさんみゃく)の中にあります。標高3400mから2000mに大小108の沼が連なるカルスト地形の淡水の湖水地帯なんです。チベット人など少数民族の居住地としても知られ「九寨溝」の名もチベット人の村が9つある谷であることから付けられたものです。九寨溝の水は飽和した炭酸カルシウムが微細な浮遊物を核として沈殿するために極度に透明度が高いのです。女神が天上の世界から落とした鏡が108つに砕けてできたと伝えられ手つかずの原生林の中に大小108の湖、泉、滝などが分布しています。その自然が織り成すエメラルドブルーの世界は中国国内でも代表的な美しい自然景観、まさに絶景です。



役立つ情報


◎世界遺産登録日 1992年

 

 
 
 
豆知識
貸衣装を貸していただいて 写真を撮ることもできます。

九寨溝の楽しみ方

編集履歴

 

■「鏡海」(きょうかい) ※「鏡海」(きょうかい)                                           

湖畔の景色を鏡のように投影することからこの名前がつきました。風のない日には、どちらが空でどちらが湖なのかわからないほどきれいに景色が映ります。あまりにも美しくて 口を開けたままボーゼンとします。水面の方が空の色キレイでしょう。

 

 

 

 

■「我影投鏡海」                                                             

 

 

 

 

■「原始森林」 標高3060m                                                      

標高が高く 空気も澄んでいて 気持ちが良い空間でした。

 

 

 

 

■「箭竹海」(ヤダケ海) 標高2618m                                                

パンダが食する竹があったようです。また ここも美しい湖ですね。

 

 

 

 

■「熊猫海」(パンダ海) 標高2587m                                                

昔はパンダが水を飲みに出てきたようですが・・・これだけ観光地化され 人とバスがきちゃあ来ませんよね。

向こう岸には桟橋があります。きれいな水の色でしょう。

 

 

 

■「五花海」 標高2472m                                                      

五花海は五彩池と並び 九寨溝で一、二を争う美しさと言われています。エメラルドグリーン一色の五彩池と違い 様々な色彩が私たちを楽しませてくれます。水底にはカルシウム、マグネシウム、銅のイオンを含む多種な石灰化鉱物が沈積している湖の中にはいろいろな藻類・コケが生えています。太陽の光線の屈折と散射により 緑、青、紫などのような波長の短い光がもっと散射しやくくなっています。貸衣装を貸していただいて 写真を撮ることもできます。

 

 

 

 

■「珍珠灘瀑布」 規模は落差21m、巾200mの大きさの雄大な滝                                      

 この景観 見とれてしまいました。九寨溝の激流の中でも有数の美しさで 水勢や水しぶきの音も最大規模。左側に桟道があり そこから滝を眺めることができます。すごい迫力です。滝つぼに流れ落ちる水の音はまるで雷のように大きかったです。やっぱり紅葉の時期ならもっとキレイだったんでしょうね。記念撮影皆さんいっぱい撮っていました。

 

 

 

 

■「長海」(ちょうかい) 標高3103m ※九寨溝最大の湖                                          

長海は山に沿って曲がっていった、一番奥深い場所にあります
長海から連綿と続く山々の雪は万年雪で 一年中銀世界になっているらしいんです。

 

 

 

■「五彩池」  標高2995m                                                            

長海より1キロほど下ったところにあるのが五彩池。面積5645平方メートル。水深6.6メートル。
無限に変化する色彩の美しさで知られ、九寨溝一と讃えられています。水は冬でも凍らず 雨季や乾燥機でも水位はほとんど変わらないと言われています。炭酸カルシウムを豊富に含む湖水のため、またそれぞれの植物に含まれる葉緑素の量の違いのため水中で成長している水草はそれぞれに異なった色彩をしています。

 

 

 

 

■「諾日郎瀑布」(だくじつろうばくふ)                                                 

九寨溝のシンボルとされる高さ30メートルほどの瀑布。その規模は九寨溝の中でも最大級なんです。

諾日朗はチベット語で男性の神のことで 偉大だという意だそうです。
雷のような音を立てながら幾筋もの水が流れ落ち 朝日が滝を照らすときには滝の間に虹がかかるとのこと。

 

 

 

 

■「犀牛海」(さいぎゅうかい) 標高2400m                                                  

水に映る風景は本物と見分けが付かないくらいに渾然一体としており、どちらが空でどちらが湖か見るものを惑わせるといわれているようです。

 

 

 

■「老虎海」(ろうこかい) 標高2298m                                                     

静けさの中にも荒々しさがあり まるで虎の咆哮のような滝の音が響きます。

 

 

 

■「樹正瀑布」(じゅせいばくふ)

九寨溝の中の一つのまとまった一群の瀑布である。

 

 

 

 

■「磨 房」 標高2280m                                                              

チベット族の川沿いにたてられている製粉所なんですね。こんな建物らしいですね。

 

 

 

■「樹正群海」 

九寨溝を流れる主要な川です。樹正群海は2~30の小さめの湖が棚田状に連なってできており 高低差は100メートル近くあります。柏や松、杉などが密生して その間を水が流れ落ちていく 湖と滝の、静と動のコントラストが素晴らしいです。

 

 

 

 

■「火花海」(かかかい) 標高2187m                                                     

コバルトグリーンの湖です。水深9メートル、総面積36352平方メートルにも及びます。

双龍海と臥龍海の間にあり 周囲は緑に囲まれていて幾重にも重なった緑の中で鏡のような水面が翡翠のように輝いています。

 

 

 

 

■「盆景灘」(ぼんけいたん)                                                      

蓮葉寨の前方にある浅く平らな灘の一群。その姿はさながらよく配置された盆景のようです。九寨溝で「海」というのは湖のことだが ここの石碑には「灘」と書かれています。浅い流れの中に大小の木立がある盆景灘。この緩やかな流れはやはり「海」より「灘」ですね。流れの間にある潅木の塊が盆栽を連ねたように見えるのでこの名前がつけられています。ここが九寨溝の出口に一番近い見所になります。

 

 



コース紹介


とても 広くて地図みるだけで 「大変だあ」ってことになりますがバスに乗って歩いて観光。

またバスに乗って 歩いて観光の繰り返しです。これが・・・結構辛いんですよ。
九寨溝は石灰岩質の岷山山脈(びんざんさんみゃく)の中にあります
標高3400mから2000mに大小108の沼が連なるカルスト地形の淡水の湖水地帯なんです
チベット人など少数民族の居住地としても知られ「九寨溝」の名もチベット人の村が9つある谷であることから付けられたものです
九寨溝の水は飽和した炭酸カルシウムが微細な浮遊物を核として沈殿するために極度に透明度が高いのです
女神が天上の世界から落とした鏡が108つに砕けてできたと伝えられ 
手つかずの原生林の中に大小108の湖、泉、滝などが分布しています
その自然が織り成すエメラルドブルーの世界は中国国内でも代表的な美しい自然景観、まさに絶景です

 

 

ハイキングマップ

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(四川省・公園・広場・史跡・寺廟 )の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る