成都パンダ繁育研究基地

Chengdu Research Base Of Giant Panda Breeding

成都大熊猫繁育研究基地

 0/0人  |  人気指数 1,823

お気に入りに追加:0
  • 成都パンダ繁育研究基地住所(日本語)住所(日本語): 

    中国成都市成都外北熊猫大道26号

  • 成都パンダ繁育研究基地住所(現地語)住所(現地語): 

    中国成都市成都外北熊猫大道26号

  • 成都パンダ繁育研究基地電話電話: 

    028-83510033

  • 成都パンダ繁育研究基地営業時間営業時間: 

    8:00-17:00

  • 成都パンダ繁育研究基地定休日定休日: 

    -

  • 成都パンダ繁育研究基地日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 成都パンダ繁育研究基地カードカード:  未入力
  • 成都パンダ繁育研究基地ホームページホームページ:  http://www.panda.org.cn/

ジャイアントパンダの保護、繁殖、研究のためのパンダ繁育研究基地!

成都大熊猫繁育研究基地成都パンダ繁育研究基地」は、ジャイアントパンダの保護、繁殖、生態研究のために1987年に設立された施設です。約67ヘクタールもの広大な敷地内にはたくさんのジャイアントパンダのほか、レッサーパンダが生息し、その姿を見学することができます。また、ここ「成都パンダ繁育研究基地」では、パンダの生息地に似た状態で、自然に近い環境でパンダの研究がされています。開園当初は6頭から始まり、現在108頭まで繁殖に成功!中国国内のAAAA観光地に指定されています。

パンダの飼育施設のほか、パンダ記念館やパンダ実験室などもあり資料や写真が約800点、実物の標本が2140主など計21450点もの展示物が展示されています。また、パンダ科学探密館では、インタラクティブ式の技術を用いて科学的にパンダを保護する不思議な世界を体験することもできます。

赤ちゃんパンダの見学やパンダを抱っこして記念撮影ができたりと、パンダの魅力を肌で感じることができる「成都パンダ繁育研究基地」、ぜひ足を運んでみて下さい!



役立つ情報


 

成都大熊猫繁育研究基地のパンダの赤ちゃん

成都大熊猫繁育研究基地で見学することができるパンダの赤ちゃん。

こわれそうなくらい小さくてものすごくかわいかった。

大人のパンダより人間味あるっていうか表情豊かでなんか生きてる~って感動した。

パンダの赤ちゃんを初めて見たけど(本物は撮影禁止だった)、

生まれてちょっとしたら皮膚がパンダ色になるんだそう。
だからパンダって毛を刈ってもパンダの模様のままなんですね!



他情報


★四川ジャイアントパンダ保護区群

絶滅危惧種であるジャイアントパンダの30%以上がこの地に生息しており、最も繁殖が盛な場所。

ジャイアントパンダに加えて、レッサーパンダ、ユキヒョウおよびウンピョウのような他の絶滅危惧種の重要な保護地域となっていることから、2006年に世界自然遺産に登録されました。

成都パンダ繁育研究基地の楽しみ方

編集履歴


コース紹介


■基地内の案内図です。あっち行っても こっち行ってもパンダさんです!10番は赤ちゃんパンダの飼育室!

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(四川省・動物園・植物園)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.08.22 11:37
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る