随縁芝木博物館

BEIJING SUIYUAN EMBROIDERY INSTITUTE

 3.4/1人  |  人気指数 1,936

お気に入りに追加:0
  • 随縁芝木博物館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 随縁芝木博物館住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • 随縁芝木博物館電話電話: 

    010-64607113

  • 随縁芝木博物館営業時間営業時間:  未入力
  • 随縁芝木博物館定休日定休日: 

    無休

  • 随縁芝木博物館日本語/可・不可日本語: 

  • 随縁芝木博物館カードカード: 

  • 随縁芝木博物館ホームページホームページ:  未入力

美術館?お土産店ですよね

 随縁芝木博物館

 

バスツアーを利用した際、ここに案内されました。

説明では立ち寄るのは美術館及び総合民芸品店でした。

博物館に入ると最初に水晶細工やヒスイ細工の美術品の見学

と説明がありましたが、そのうち、小さい展示になり、販売説明へと移行。

一個数十万円もする宝石を使用した置物の斡旋説明の方が

長く、さらに地下に宝石、扇子シルク製品などの工芸品販売所へ案内となりました。

国家から保障されている商品の販売であるといっていましたが、どう観ても

博物館ではないですよね?

 博物館と称しているエリアでの展示物でも、買うそぶり見せると値段を提示してい

 そうな勢いで した。

 まあ、水晶、ヒスイの精巧な細工が見れ、お土産品が少し買えた ので、博物館かお土産店なのかの議論 はよいですが、何か変な感じなのは最後までぬぐえませんでした。



利用方法


、博物館となっているヒスイや水晶の置物エリアは撮影禁止となっています。



役立つ情報


・地下の民芸品売り場は定価がついていますが、値下げできます。一通り見てから、まとめ買いすると効果的です。



他情報


・館内には商談室と思われる部屋がいくつかあり、そこは立ち入りが禁止されているようです。

随縁芝木博物館のオススメ商品

編集履歴

・扇子(黒檀、竹など)

・ヒスイ、水晶などの宝石の置物、ネックレス、指輪、ブローチなど

・木彫り細工の飾り、置物など

・シルクの袋やハンカチなど

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(北京・伝統工芸品)の記事に2名の編集者が参加しました!

随縁芝木博物館のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る