青龍堂

 3.6/1人  |  人気指数 1,906

お気に入りに追加:0

中国で有名な画家、書道家の作品を扱う店

青龍堂

 

北京の観光地の中で最も人気がある故宮博物館(紫禁城)内に

ある、書画を扱う店です。

故宮博物院内にあり、元はラストエンペラーである愛新覚羅溥儀の

執務室を改修して、使っているようです。

販売品は中国でも有名な書道家や掛け軸などを分野とする画家の

作品で、とても高価です。

国営だけあって、鑑定済みの保障印入りです。

見るだけでも貴重な作品のようです。

いつもかどうかはわかりませが、書道家が1人いて、その場で

実演してくれました。そして、、できたての書を掛け軸にして

                        販売していました。



利用方法


・店内の撮影は禁止ですが、書画の実演中はよいようです。



役立つ情報


・書画は購入すると、日本に帰っても、保障してくれます。また、購入した物に対して、領収書を発行してもらえます。

・非常に日本語が堪能な店員がいますので、日本で買い物をするのと同じ感覚で会話ができます。



他情報


・書画は高価ですが、ここには清朝歴代皇帝の絵葉書やしおりが売っています。これも説明に「故宮博物院紫禁城出版社出版」と

 されております。これなら30元で買えますので記念に如何でしょうか。

青龍堂のオススメ商品

編集履歴

・ラストエンペラー溥儀一族の血を引いた愛新覚羅后元という方が書道家で、ここのお店に作品が展示してありました。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(天安門周辺・市場・専門街)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る