タイ国際航空機内食

 3.3/3人  |  人気指数 1,936

お気に入りに追加:0

バンコク発着東南アジアの機内食

タイ国際航空機内食タイのフラッグキャリアである「タイ国際航空」。もちろん、日本ータイ間でも直行便が飛んでいるが、今回は主にタイ発着の東南アジア路線の機内食をご紹介。

バンコクからベトナム、マレーシアなど、こういう短距離線ではランチBOXが定番である。バンコク−ペナン夜便では、わずか2時間のフライトなので、朝食のようなメニュー。ペナン−バンコクの朝便はサンドイッチとなっているが、朝便なので、アルコールのサーブがない。バンコク拠点ではないが、香港−台北のメインはエビ。ちなみに、一日何十便とある香港−台北で、唯一のスターアライアンスグループがこのTGの一往復である。バンコク−ハノイはハムとパテがメインで、パンに挟んでいただく。以上が短距離線の機内食で、続いては中距離線だ。フライト時間が2時間を越えると、BOXではなくて、ちゃんとしたトレーでサーブされるようである。バンコク−香港のメインは、タイ風のビーフン。台北−バンコクの早朝便朝食は、パンが二種類からチョイス可能で、クロワッサンがオススメだ。ちなみに、お代わりもOK。バンコク−台北の早朝便もまた、メインは肉タップリの麺にパン。」そして、中距離便の夕食。ジャカルタ−バンコク午後便には、サイドディッシュがあり、メインはチキンカレーとインドネシア積込みらしい一品だである。台北−バンコク夜便では、こってりした照りの豚角煮ご飯とサイドもデザートも豪華な内容。CAが何度もお酒を注ぎに回るので、ついついお酒もすすんでしまう。

タイ国際航空機内食のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(バンコク・軽食・屋台・B級グルメ)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る