パヌルル国立公園(バングルバングル)

PURNULULU NATIONAL PARK

PURNULULU NATIONAL PARK

 0/0人  |  人気指数 1,611

お気に入りに追加:0

3億5千万年かけて作られた岩山の芸術

パヌルル国立公園は、オーストラリア最北キンバリー地区にある国立公園。1892年の発見まで、アボリジニ以外の人々はその存在を知らなかったという秘境だ。パヌルル国立公園の見どころはなんといっても、砂岩質の岩山が幾重にも折り重なる奇景だ。この岩山は、今から3億5000年前に山脈から流れだし積もった砂岩が隆起し、その後2000万年におよび浸食によって作り出されたもの。丸みをおびた独特の形は、ビーハイブ(蜂の巣)と呼ばれている。ビーハイブは、オレンジと灰褐色の横縞の模様をもっているが、灰褐色の部分はシアノバクテリアの死骸が固くなったもの、オレンジ色は鉄ヤマンガンがさびた部分。

また、パヌルル国立公園のビーハイブは意外にも保水力が高く、砂漠地帯にもかかわらずコケや植物などが群生しているのを見られる。

パヌルル国立公園へは、4WDのツアーや飛行機から景観を眺めるものなどがある。好みに合わせてツアーに参加してみよう。

パヌルル国立公園(バングルバングル)の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(西オーストラリア州(WA)・世界遺産)の記事に3名の編集者が参加しました!

パヌルル国立公園(バングルバングル)のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る