ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ

Wat Pra That Doi Suthep

 0/0人  |  人気指数 1,275

お気に入りに追加:0

標高1080mのステープ山頂上に建つ寺院

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ

標高1080mのステープ山の頂上に建っていて、タイ北部の最も重要な寺院と言われている。1383年にク―ナ王によって建立された。市街からは寺院の麓までは約16㎞離れており、麓からは階段を登らなくてもケーブルカーで登ることができる。階段の下側には寄付をした人の名前があるそうでで、これは日本と変わらない。高さ22mの仏塔は、ラーンナー様式の金色に輝くすごい派手なものである。神聖な寺院なので、膝上の半ズボンでは立ち入り禁止だ。入口でサロンを借りれるが、くれぐれも服装には注意を。タイでは多くの寺院でそうだが、土足厳禁なので靴を脱いで入る。中で参拝してお坊さんにお経を唱えてもらい、聖水をかけてもらう。その後、腕にミサンガのようなものを付けてもらう。男性は右腕、女性は左腕にだ。境内からはチェンマイ市街が一望できるので、ぜひ景色も楽しみたい。

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(チェンマイ・王宮・寺院)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る