ピッツハンガー マナーハウス

Pitzhanger Manor House

Pitzhanger Manor House

 0/0人  |  人気指数 1,765

お気に入りに追加:0
  • ピッツハンガー マナーハウス住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ピッツハンガー マナーハウス住所(現地語)住所(現地語): 

    Walpole Park Mattock Lane London W5 5EQ

  • ピッツハンガー マナーハウス電話電話: 

    (020) 8567 1227

  • ピッツハンガー マナーハウス営業時間営業時間: 

    火~金13:00-17:00/土11:00-17:00

  • ピッツハンガー マナーハウス定休日定休日:  未入力
  • ピッツハンガー マナーハウス日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ピッツハンガー マナーハウスカードカード:  未入力
  • ピッツハンガー マナーハウスホームページホームページ:  未入力

マナーハウスとバラ園が楽しめる公園

ピッツハンガー マナーハウス

 ロンドン市内にはいたるところに公園があります。芝生だけの公園もあれば花壇や池がある公園もあります。こうした公園の多くは皇族や資産家の所有していた土地で、住居として使っていたマナーハウスの庭であったこともしばしばです。国や地域がその広大な土地を買上げて、現在は公的施設として開放されている場所もあれば、土地の所有者が善意で一般に開放している場所(Common Land:コモンランド)もあります。
 マナーハウスがあり、花壇には季節の花が咲き乱れ、大小の池には水鳥が泳いでる、そんな理想的な公園を見つけました。この公園はいくつかの区画に仕切られています。ボール遊びができるオープンスペースの近くには、子ども用の遊具施設があります。子どもたちも犬も元気に駆け回ります。喧騒を離れて静かに読書を楽しんだり、ボーっとしたいときは、池の近くのベンチに陣取ります。時々やって来る水鳥の姿を見ているだけでもリラックスできます。喉が渇いたら公園内の小さなカフェに行って読書の続きをします。
 現在の Pitzhanger Manor House(ピッツハンガー・マナーハウス)は、建築家であった Sir John Soane(ジョン・ソーン)が所有していた1800年代前半の状態が再現されています。彼は17世紀に建てられたマナーハウスを大幅に改築しました。マナーハウスの一部は見学が可能で、特設展示のためのギャラリー(現代美術の展示が多いです。)としても一般に公開されています。

ピッツハンガー マナーハウスの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロンドン・公園・広場)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る