ザ・ハンティントン

The Huntington Library, Art Collections, and Botanical Gardens

ハンティントン ライブラリー

The Huntington Library, Art Collections, and Botanical Gardens

 0/0人  |  人気指数 1,322

お気に入りに追加:0
  • ザ・ハンティントン住所(日本語)住所(日本語): 

    アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンマリノ オックスフォードロード 1151

  • ザ・ハンティントン住所(現地語)住所(現地語): 

    1151 Oxford Road, San Marino, CA 91108

  • ザ・ハンティントン電話電話: 

    626-405-2100

  • ザ・ハンティントン営業時間営業時間: 

    月-金12:00-16:30/土日10:30-16:30

  • ザ・ハンティントン定休日定休日: 

    火曜日

  • ザ・ハンティントン日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • ザ・ハンティントンカードカード:  未入力
  • ザ・ハンティントンホームページホームページ:  http://www.huntington.org/default.aspx

鉄道王と言われたヘンリー・ハンティントンの邸宅にある図書館や美術館

ハンティントン・ライブラリーへ連れていってもらいました。従姉妹の運転。フリーウェイをかっ飛ばす快感。ここも大富豪の財産をもとに築かれた施設。鉄道行で財をなしたヘンリー・ハンティントンの邸宅で、今は図書館、美術館などになっている。もっとも有名なコレクションは世界で初めて印刷されたグーテンベルクの聖書。まったく、どんだけ金持ちなのか。広大な園内の様子は・・・薔薇がキレイに咲いていました。日本庭園も。それにしても広すぎる。枯山水まで!リス発見!!結構、園内うろうろしてました。砂漠に迷い込んだかのようなデザートガーデン。多種多様なサボテン。サボテンだらけの庭を抜けて・・・ここはライブラリー。本だけではなく天文学の展示も。この展示室、すっごくカッコよかった!これは光の展示。電球とかも展示してありました。さて。ミュージアム。建物もステキ。いろんな展示品。フランスの家具とかウィリアム・モリスのコレクションが充実しているようです。ステンドグラスが特に良かったです。感動しました。



役立つ情報


※毎月第一木曜日10:30-16:30は全員入館無料!!

ただし、事前予約必要。詳細は下記参照。(英語)

http://www.huntington.org/huntingtonlibrary_02.aspx?id=844

 

◎園内でのピクニック、飲食は禁止。ただし、入場前に駐車場にて一部持ってきたものを食べられるスペースあり。

 また、園内にカフェやティールームがあります。詳しくは下記ホームページ参照。(英語)

 http://huntington.org/huntingtonlibrary_02.aspx?id=310

◎ペット同伴での入園禁止

◎ウェディング可能。詳しくは下記参照(英語)

 http://huntington.org/huntingtonlibrary_02.aspx?id=3436&linkidentifier=id&itemid=3436



他情報


 

野生の動物もいます

リス発見!!結構、園内うろうろしてました。

ザ・ハンティントンの楽しみ方

編集履歴

 

分類(日本語) 分類(英語) 料金(平日) 料金(週末)
大人 Adults $20 $23
シニア(65歳以上) Seniors (age 65+) $15 $18

学生(12歳~18歳)

フルタイムの学生IDがある者

Students

(age 12-18,or with full-time student I.D.)

$12 $13
子供(5歳~11歳) Youth (age 5-11) $8 $8
子供(5歳未満) Children (under 5) 無料 無料
団体(15人以上)) Groups (15 or more) $11(1人当たり) $14(1人当たり)
会員 Members 無料 無料


コース紹介


 

 

日本庭園

それにしても広すぎる。

枯山水まで!

 

 

 

デザートガーデン

砂漠に迷い込んだかのようなデザートガーデン。多種多様なサボテンがあります。

 

 

ライブラリー

天文学の展示。この展示室、すっごくカッコよかった!電球とかも展示してありました。

 

 

ミュージアム

建物もステキ。フランスの家具とかウィリアム・モリスのコレクションが充実しているようです。ステンドグラスが特に良かったです。感動しました。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロサンゼルス・博物館・美術館)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る