手ぶらラクラク手荷物配送サービス比較

2019.09.27 13:57

手荷物配送サービス3社の特徴、利用時間、配送範囲、価格を比較!

昨今、無くてはならない旅行必需サービスとなった「手荷物配送サービス」。

空港 or ホテルまで先にスーツケースを送れるため、初日・最終日の移動がスムーズになり時間を有効活用できるようになりました。

 

韓国では手荷物配送サービスを行う業者が多数あり、それぞれで荷物引き渡し・受け取り時間や、配送可能な範囲、価格も異なるため、本記事では選びやすいようポイントをまとめました。

 

フライトスケジュールや予算に合う業者を見つけて、手ぶらでラクラクな韓国旅行をお楽しみください!

Freelugg(手荷物配送サービス)

  • 長点:仁川空港入国・出国フロア両方に荷物カウンターがあり利用しやすい
  • 短点:ホテル間の配送は利用不可

Free lugg(手荷物配送サービス)は仁川空港で初めて認可を受けた手荷物配送サービスで、韓国最大の物流企業とタッグを組んで荷物配送を行うため、安心・安全です。また入国フロア・出国フロアにカウンターを構え、利便性も抜群です。

 

【入国】空港からホテルへ配送

荷物預け時間 当日15:00までにFreeluggカウンターに荷物引き渡し

※予約せずクーポンのみ利用時、又は金浦空港の場合は14時までに引き渡し

荷物受取り時間 当日19:00以降ホテルフロントにて荷物受け取り

 

【出国】ホテルから空港へ配送

荷物預け時間 AM 9:00までにホテルフロントに荷物引き渡し

※金浦空港の場合はAM 11:00までに引き渡し

荷物受取り時間 当日16:00以降各空港Freeluggカウンターにて荷物受け取り

 

 

【片道】仁川空港第1ターミナル⇔ホテル 910円(先払い)

 

  • 10/1~10/31期間内ご予約頂くと先着50名様まで片道料金で往復ご利用いただけます。

ZIMZOMAIR(手荷物配送サービス)

  • 長点:ソウル全域の宿泊施設への配送が可能。LINEでやりとり出来て安心
  • 短点:他社と比べると多少割高

ZIMZOM AIRはソウル市内のホテルならどこへでも送れて、ホテル以外にも、ゲストハウスやAirB&Bも可能と配送範囲が広い点がポイントです。さらに京畿道の一部エリアにも配送可能。予約後はLINE又はカカオトークで予約状況から荷物の追跡まで随時細やかなコミュニケーションができて安心です。

 

【入国】空港からホテルへ配送

荷物預け時間 AM 7:00~15:00 仁川空港 or 金浦空港の指定カウンターに荷物引き渡し

荷物受取り時間 当日17:00以降ホテルフロントにて荷物受け取り

 

【出国】ホテルから空港へ配送

荷物預け時間 当日AM 11:00までにホテルフロントに荷物引き渡し

荷物受取り時間 仁川空港 当日16:00~21:00 / 金浦空港 当日16:00~20:00カウンターにて荷物受け取り

 

ホテル間の配送

荷物預け時間 当日AM 10:00までにホテルフロントに荷物引き渡し

荷物受取り時間 当日17:00以降指定の宿泊施設フロントにて荷物受け取り

 

 

第1ターミナル仁川空港→目的地 1,420円(先払い)

 

  • 2019年10月31日まで特別価格でご提供いたします!

SAFEX 手荷物配送サービス

  • 長点:空港鉄道と合わせて利用するとより便利。午後便到着でも荷物が預けられる
  • 短点:配送可能なホテルが限定的

SAFEXは空港鉄道改札すぐそばに荷物カウンターがあり、空港鉄道を利用される方なら荷物預けから移動までスムーズにご利用いただけます。荷物を預ける時間帯が午前・夜間で分かれ、午後便で到着した日も当日配送が可能なのがポイント。空港鉄道で配送されるため、スーツケースの運送環境にも安心です。

 

【入国】空港からホテルへ配送

午前コース AM 7:00~15:00荷物預け→当日19:00以降ホテルにて荷物受け取り

夜間コース 15:00~18:00 荷物預け→当日22:00以降ホテルにて荷物受け取り

 

【出国】ホテルから空港へ配送

午前コース AM 9:00までにホテルに荷物預け→当日14:00~22:00カウンターにて荷物受け取り

夜間コース AM 9:00~12:00にホテルに荷物預け→当日17:00~22:00カウンターにて荷物受け取り

 

 

午前便 (15:00までに荷物預け)Lサイズ 1,230円(先払い)

 

  • 2019年12月31日まで最大50%引きの特別価格で提供いたします。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2019.09.30 16:35
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る