ソウルタクシー値上げ料金確定

2018.11.19 12:00

ソウルタクシー基本料金3,000ウォン→3,800ウォン値上げ確定、京畿道・仁川も来年値上げ

先月より話題になっている、来年のソウルタクシー料金値上げの件ですが、韓国各紙メディアによると、ソウル市では基本料金3,000ウォンから3,800ウォンに値上げする案を採用し、ソウル市議会に提出したとのことです。
 
現在の料金形態は3,000ウォンの基本乗車料金に加え、時間料金が35秒あたり100ウォン、距離料金が142mあたり100ウォンで加算されますが、値上げ後は3,800ウォンから料金がスタートし、時間・距離料金も31秒あたり100ウォン、132mあたり100ウォンと値上がりします。
 
また、深夜料金についても、基本料金3,600ウォンから5,400ウォンに値上げする案を採用。
深夜基本料金距離は2kmから3kmに引き伸ばされ、適用時間は午前12時から午前4時までのところを午後11時から午前4時までと1時間早まります。
 
また、京畿道、仁川のタクシーも来年以降値上がりする見込み。
京畿道では来年2月ごろに値上げを予定しており、各紙メディアによると3,500ウォンから4,000ウォンの間で価格が決定されるとの予想です。
現在の京畿道のタクシー料金は、基本料金3,000ウォンに加え、35秒あたり100ウォン、144mあたり100ウォンが加算されます。仁川も基本料金は現在3,000ウォンですが、3,800ウォンへの値上げが有力とのこと。
 
来年以降、なるべく交通費を節約したい方は、可能な限り地下鉄やバスを利用されることをお勧めします。
特にバスと地下鉄は30分以内の乗換は無料のため、うまく活用すればきわめて安価に移動できます。
来年のタクシー料金値上げについては今後も詳細を随時掲載いたします。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.11.19 13:40
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る