ソウルタクシー料金引上来年1月より施行

2018.10.25 13:10

6年ぶりのソウルタクシー料金引上来年1月より施行開始、料金方案は検討中

ソウル市のタクシー基本料金が来年1月より値上がりします。

タクシーの料金値上げは2013年10月基本料金2,400ウォンから現在の3,000ウォンに引き上げられて以来6年ぶりとのこと。

 

料金案については検討中とのですが、24日に開かれた「タクシー料金政策及びサービス改善公聴会」でタクシー基本料金引上げに関する3つの方案が提示され、中でも現在基本料金3,000ウォンのところを3,800ウォンに値上げする案件が有力と言われています。

 

現在、ソウルのタクシー基本料金は3,000ウォンと定められ、時間料金(100ウォン当たり35秒)、距離料金(100ウォン当たり142m)で構成されています。また、午前12時から午前4時まで深夜料金(3,600ウォン)が適用されています。

 

3つの方案

1案 基本料金を3,400ウォンにし、距離・時間料金はそのまま

2案 基本料金を3,800にし、時間料金を100ウォン当たり31秒に、距離料金を100ウォン当たり132mに引上げ

3案は基本料金を4,700ウォンにし、時間料金を100ウォン当たり31秒に、距離料金を100ウォン当たり132mに引上げ

 

これに伴い、深夜料金も基本料金3,600ウォンから5,400ウォンに引き上げる案が有力とのこと。

深夜割増適用時間を午前12時から午後11時に早め、タクシー運転手による短距離の乗車拒否を防止するため、基本料金の距離を2キロから3キロに延長する件も同時に適用されます。

 

タクシー料金の引上げはソウル市議会意見聴取、物価対策審議委員会・タクシー政策委員会審議を経て来年1月より施行されます。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.10.25 13:34
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る